フットボール“新語録”BACK NUMBER

「斜めのパス」とビルドアップ力。
ペップで知る、サッカーの新観戦術。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/31 10:30

「斜めのパス」とビルドアップ力。ペップで知る、サッカーの新観戦術。<Number Web> photograph by AFLO

グアルディオラ監督率いるバイエルン・ミュンヘンは、25日に行なわれたブンデスリーガ第27節でヘルタ・ベルリンを下し、史上最速で優勝を決めた。

「相手にとって縦方向のパスを守るのは簡単だ。
それに対して、斜め方向のショートパスは、
チームを前へ押し上げるのを助けてくれる」

ネマニャ・ビディッチ (マンチェスター・ユナイテッド)

 先日、このコラムにおいてペップ・グアルディオラのバイエルンで行なっている練習を紹介した。主に伝えたのは「DFを置かないミニゲーム」や「ボールを奪われた瞬間のプレスを意識したミニゲーム」といったメニューだったが、その中でほんの少しだけ「ペップが『斜め』のパスを求めている」ことにも触れた。

 激しいプレスがかかっている状態においては、「斜め」のパスを意識せよ――。そうペップが求めていると。

 ただし、筆者の理解不足もあって、その内容を掘り下げることはなかった。「斜め」のパスが有効というのは漠然と理解できるのだが、理由をきちんと言語化することができなかったからだ。「斜め」のパスには、どんな効果をピッチにもたらすのだろう?

マンUのDFが語る「パスのつなぎ方」。

 そんなことを考えてイギリスの指導者向けWEBサイト『Four Four Two Performance』を読んでいたところ、次のような記事を見つけた。

「プレッシャー下でのパス」というタイトルの短い記事で、マンチェスター・ユナイテッドのDFネマニャ・ビディッチが「いかに相手FWからのプレスをかいくぐって、パスをつなぐか」をアドバイスする企画だ。現代サッカーではDFラインに対しても激しくプレスがかけられるようになっており、その中でいかにビルドアップするかがDF陣にとっての大きなテーマだ。

 ビディッチはこうアドバイスした。

「相手にとって縦方向のパスを守るのは簡単だ。それに対して、斜め方向のショートパスは、チームを前へ押し上げるのを助けてくれる」

【次ページ】 縦方向、ゴール前へのパスは最大の警戒を受ける。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バイエルン・ミュンヘン
ジョゼップ・グアルディオラ
ネマニャ・ビディッチ
マンチェスター・ユナイテッド

ページトップ