Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<米ツアーに挑む2人の22歳> 石川遼&松山英樹 「勝利は心とともに」 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/03/31 11:50

日本ツアーに先立ち、昨年10月に開幕した今季の
米ツアーは、すでに中盤へと差し掛かった。
2年目を迎えた石川遼と、新天地で奮闘する
松山英樹の今季の戦い方から見えるものとは――。

 去年の今ごろ。米ツアーで予選落ちを繰り返していた石川遼と、しばしば言い合いになった。「次戦は予選通過を目指す?」と尋ねると、石川は「目標はあくまでも優勝。予選通過を目指して米ツアーに来たわけじゃない」と言い放った。優勝するためには、まず予選通過して決勝に残らなければ勝つに勝てない。そう突っ込むと「予選通過を目指してチマチマ積み上げていくものじゃないと思う」と頑なになった。

「それならば、どうしたら優勝できると思う?」とさらに突っ込むと、石川の返答は必ず同じ場所へ行き着いた。「練習場でできるスイングがコースでできるようになれば、勝てる」

 そのセリフを石川は以前から口にしていた。一時期は試合中に自分が練習場に居るという自己暗示までかけ、打席を示す仮想の枠を思い描きながらショットしていたこともあった。目標設定の仕方や不安との付き合い方をちょっと変えるだけで気持ちに余裕ができ、持ち前の技術が発揮できるのでは? そう問いかけると「僕は自分のメンタルに問題があると思ったことはない」と言い切り、そそくさと練習場へ向かっていった。

「今はメンタル的にリカバリーできているのかな」

 あのころの石川は、優勝を見つめるあまり、手前にある予選通過というハードルが目に入らなかった。心技体の「技」ばかりを見つめるあまり、「心」に目が向かなかった。「体」に腰痛という爆弾を抱え、予選落ち続きの成績不振の中、「試合を休むと抜かされる。試合を休むのが怖かった」。

 当時の苦悩を明かしてくれたのは、今季開幕2戦目のシュライナーズ・ホスピタルオープンで見事2位に食い込んだときだった。

「以前は知らないことが多すぎた。成功体験、失敗体験、どちらの経験値も少なかった。日本ではたまたまうまくいったけど、時間が経って、いろいろ苦しい時期があって、今はメンタル的にリカバリーできているのかな」

 石川が「心」に目を向け、その重要性を肌身で感じ取るまでには、案外、時間がかかった。が、自分の心を謙虚に見つめ、心技体のバランスを取る必要性を認識して以来、石川は安定感を増し、強くなった。

 そして今年。米ツアー本格参戦を開始した松山英樹に1年前の石川の姿や言葉を重ねずにはいられない。多くを語らない松山が口にするわずかな言葉の端々に、去年の石川とそっくりな部分が見て取れる。メンタル面に触れる質問を嫌い、心技体の「技」ばかりに目をやりたがる傾向だ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 松山がラウンド後に振り返ったのは「技」限定だった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ