スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

投高打低と戦力の均衡。
~MLB、2014年の順位予想~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/03/29 10:40

投高打低と戦力の均衡。~MLB、2014年の順位予想~<Number Web> photograph by Getty Images

田中将大は、1年目にしてヤンキース浮沈の鍵を握る存在。期待に応えて名門復活なるか。

 野球が帰ってきた。毎年のお約束とはいえ、大リーグが開幕すると安心する。今年も無事に春が来た、という感じで、いそいそと予想を立てたくなる。

 結論からいうと、2014年シーズンは混戦の度合が強まりそうだ。いいかえるなら、戦力の均衡が進み、飛び抜けて強いチームを見つけるのがむずかしくなった。100勝チームはいうに及ばず、昨年(2013年)のレッドソックスやカーディナルスのような97勝チームも出てこないのではないか。よくて95勝。下手をすると、最多勝の球団でも92~93勝で止まる可能性がある。

 概論を広げる前に、まず各地区の順位を予想してみよう。分析はそのあとで。

ア・リーグ東地区 ア・リーグ中地区 ア・リーグ西地区
(1)ヤンキース
(2)レイズ
(3)レッドソックス
(4)ブルージェイズ
(5)オリオールズ
(1)タイガース
(2)ロイヤルズ
(3)インディアンス
(4)ツインズ
(5)ホワイトソックス
(1)アスレティックス
(2)レンジャーズ
(3)エンジェルス
(4)マリナーズ
(5)アストロズ
ナ・リーグ東地区 ナ・リーグ中地区 ナ・リーグ西地区
(1)ナショナルズ
(2)ブレーヴス
(3)メッツ
(4)マーリンズ
(5)フィリーズ
(1)カーディナルス
(2)パイレーツ
(3)レッズ
(4)ブルワーズ
(5)カブス
(1)ドジャース
(2)ジャイアンツ
(3)パドレス
(4)ダイヤモンドバックス
(5)ロッキーズ

【次ページ】 骨太で頑丈で老成した田中は着実な結果を残すタイプ?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
田中将大
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ