清水宏保の名言 

今日の名言 

今回の五輪では、諦めることの無意味さを知りましたね。

清水宏保(スピードスケート)

2010/02/16

01年秋から重度の腰痛に悩まされながらも、ソルトレイク五輪500メートルで銀メダルを獲得した清水。それも0.03秒差で金メダルの可能性も十分にあった。苦悩の日々を潜り抜け、正直な胸中を吐露した重みのある言葉。

Number544号(2002/02/28)

ページトップ