SCORE CARDBACK NUMBER

オーガスタを襲った惨事と
マスターズの展望。
~「アイクの木」が消えた17番~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2014/03/25 10:10

オーガスタを襲った惨事とマスターズの展望。~「アイクの木」が消えた17番~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

昨年のマスターズ、ティショットを打つタイガー・ウッズの左前方に聳え立つアイクの木。

 3月を迎えると、ジョージア州オーガスタにあるオーガスタナショナルゴルフクラブが、急に忙しくなる。4月10日開幕のマスターズに出場する選手たちが、練習グラウンドにやってくる日が多くなるからだ。

 オーガスタのコースに、この冬「歴史的惨事」が起きた。

 雪嵐に襲われて、17番ホールのフェアウエイ左サイド、ちょうどティグラウンドから210ヤード付近に聳え立っていた高さ20mもある松の木が損傷し、伐採を余儀なくされたのだ。

 通称「アイクの木(アイゼンハワー・ツリー)」。オーガスタを通算45回も訪れたアメリカの元大統領アイゼンハワーが、17番の第1打を打つと、何度となくこの巨木に当たり、スコアを崩したことにちなんで名づけられた。

 アイクの木は、元大統領だけでなく、多くのプレイヤーにとっても、“厄介な”存在であると同時に、戦略的にもポイントとなるものだった。

 一方でこんな逸話もある。

プロ転向後初となるマスターズで、松山英樹は輝けるか。

 '68年、ロベルト・デ・ビセンゾがスコア誤記事件で優勝を逃したのが、アイクの木があった17番ホール、パー4だった。

 マーカーだったトミー・アーロンが、本来は3のスコアを4と記して退出したためだ。ちなみに、かつて河野高明と中嶋常幸がイーグルを獲得しているのもこのホールである。

 さて、アイクの木なしで迎える今年のマスターズがあと1カ月に迫った。日本からは松山英樹の出場が決定している(他の選手は未定。3月6日現在)。

 '09年マスターズで、首位と2打差の4位になった片山晋呉は「日本人選手がメジャーで勝てるチャンスがあるのは、マスターズだけ」と語ったことがある。

 全英オープンや全米オープンのようにコースが長く、ラフが深く、天候も不順という状況に比べ、マスターズはショートゲームとパッティング主体で組み立てやすいからだろう。

 '11、'12年とアマチュアとして2年連続で出場した松山は、プロとしての参戦は今年が初となる。昨年の他のメジャーでの活躍ぶりからすると、マスターズでも優勝争いに加われるのではないかと期待できる。アイクの木なしの17番で果たしてドラマは待っているのだろうか。

関連コラム

関連キーワード
松山英樹
マスターズ

ページトップ