私とDo 特別編BACK NUMBER

<私とラン> 市民ランナー・三浦美佐子 「走るきっかけは“不純な動機”から」 

text by

松山梢

松山梢Kozue Matsuyama

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2011/01/13 06:00

<私とラン> 市民ランナー・三浦美佐子 「走るきっかけは“不純な動機”から」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto
いま全国で多くの大人がランに目覚め、汗を流し始めています。
走る目的もスタイルも、それぞれに異なる大人たち。
「Number」が初めて一冊まるごと“Doスポーツ”を特集した「Number Do」では、連続インタビュー企画「私とラン」で、彼らの「走る」を覗いてみました。
Number Webでは、雑誌未収録部分も掲載した「私とラン」特別編を公開。
第10回は、毎朝4キロ走ってから銀行に出社するという三浦美佐子さんに
「ラン」について語っていただきました。

 初めて走ったのは10年前のホノルルマラソン。「ハワイに行きたい」という不純な動機だったので、ほとんど練習せずジョギング程度で出場してしまいました。案の定結果はボロボロ。あまりに辛くて「二度と走らない!」と心に誓ったんです。

 でも不思議なもので、時間が経つと「もっと走れるかも」という根拠のない自信が湧いてくるんですよね。2007年の東京マラソンに出場したのですが、またも練習不足のため6時間でやっとゴールできるレベル。本当に辛い思いをしたので、しばらくは走ることから離れていました。でもしばらくするとまた「今度はもしかして?」という思いがムクムクと湧いてきて……(笑)。

今の目標は100kmマラソンでサブ10を達成すること。

 それからは自分なりに本腰を入れて練習して、2008年のホノルルマラソンに再チャレンジしたんです。そうしたらタイムが4時間50分に縮まって、「ちゃんと練習するとタイムが縮まる」ことを実感し、ぼんやりしていた「もっとできる」という思いが確信に変わりました。

 自己流の練習では限界があると感じ、すぐにマラソンチームに参加。1カ月後に出場したフルマラソンでは約1時間もタイムを縮め、3時間44分でゴールすることができたんです。もうそれからはマラソンの虜。あれほど練習が嫌いだった私が、今では月間300km走り込み、2カ月半でシューズ1足履きつぶしてしまうほどに。一緒に練習し、励まし合う仲間がいることでここまで変われるとは、自分でも驚きでした。

 今の目標は100kmマラソンでサブ10を達成すること、そしてチームのメンバーみんなで国際レースに出場すること! さらに個人的には、いつかゴールで感動してみたい。何度走っても、「やっと終われるー」としか思ったことがないので、いつかは感動の涙を流してみたいです。

              ◇    ◇    ◇

◆三浦美佐子さんへのQ&A
    41歳、東京都出身。銀行員。

Q1 走りはじめたきっかけは?
ハワイに行くついでに、軽い気持ちでホノルルマラソンに参加。

Q2 どのくらいの頻度で走っていますか?
6~7回/週

Q3 走る日のタイムスケジュールは?
5:20に起床し4キロ走ってから出社。仕事が終わってからは10~15キロ走っています。

Q4 お気に入りのコースは?
皇居、外苑、多摩川など。2週間に1度は高尾山にトレイルランへ。

Q5 はいているシューズは?
アディダスのアディゼロJapan。

Q6 走るときに聴く音楽は?
聴きません。集中しすぎて走り過ぎてしまうことも。

Q7 今までのベストタイムは?
03:30:00(フル)/11:17:00(100km)

大人のRUN!一冊まるごとランニング特集 

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2010 November

大人のRUN!
一冊まるごとランニング特集 


【特別レッスン】 中田英寿×有森裕子 大人のランニング問答
【連続インタビュー】 「私とラン」 東国原英夫/角田光代/安田美沙子/長谷川穂積etc.
【大人のための基礎知識】 正しいフォーム&ストレッチ/スロージョギングでやせる!/石川弘樹のトレイルラン入門/最新シューズ&ギア大図鑑
【目指せサブフォー】 東京マラソン完全攻略法
【言葉で読み解く】 村上春樹 「ランの哲学」
【とじこみ付録】 金哲彦の100日レッスン「金トレ」

目次ページへ

関連コラム

関連キーワード
私とラン

ページトップ