ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

老匠の貴重な証言で辿る、
鷹狩の技の1世紀。
~花見薫・著『天皇の鷹匠』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/02/26 06:10

老匠の貴重な証言で辿る、鷹狩の技の1世紀。~花見薫・著『天皇の鷹匠』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『天皇の鷹匠』花見薫著 草思社 1600円+税

 海辺の大リーグ球場がカモメの群れを追い払うため動物派遣会社の鷹を臨時職員として契約、と伝える外電。九州の町で女子高生のペットの鷹でカラス追放に成功、と報じるTVニュース。21世紀の今も、世界中で鷹狩の技は生きている。

 鷹を腕に乗せた埴輪があるが、弥生時代はともかく、鷹狩は信長、家康が夢中になった戦国期から遊びの要素が加わった。江戸時代の鷹狩はステータス・シンボルとして上級武士に愛好された。食糧獲得の実用技から“スポーツ”への転換といえそうだ。鷹狩の技は明治以後、天皇家(宮内庁)によって維持された。

 本書は15歳で宮内省(現在は庁)に鷹匠補として入省、徳川将軍家お抱え諏訪流放鷹術の16代として伝統技を守った“天皇の鷹匠”の回顧録。著者が91歳で亡くなったのは本書出版の5カ月前、貴重な証言を残してくれたのを感謝したい。

鴨猟がなくなり、飼うだけになった鷹の伝統を憂う。

 老匠の飾りっけのない思い出話は、放鷹術が明治からの1世紀をどう生き延びてきたかを伝える。独特の用語、道具の解説に始まり、鷹匠の装束を説明し、鷹の種類によって異なる訓練と修業の日々を語る。「人鷹一体」の境地を目指す鷹との歩み。危機は戦後訪れる。宮内庁は各国の外交官とその家族を招き、網を使った伝統の鴨猟でもてなして喜ばれた。逃げたカモを鷹で捕らえるのも鷹匠の役目だった。

 ところがある国の女王が「日本の鴨猟は残酷だ」と言った。これにマスコミが便乗した。事なかれ主義の宮内庁は鷹の出番をなくし、鷹は飼うだけにした。「これが日本の鷹の伝統の末路か、泣くに泣けない」と老匠は結ぶ。

 引退した老匠に技の伝授を願ったのが、諏訪流17代を継ぐことになる造園師の田籠善次郎氏だ。その弟子が大学の卒論「鷹狩と日本文化」をきっかけに鷹匠になった大塚紀子さん。

 彼女の著した『鷹匠の技とこころ』(白水社)は、写真、図版を多数使って技を詳述し、鷹狩史をたどり、世界の鷹狩にも及ぶ。老匠の志は孫弟子に受け継がれた。2冊併せ読めば鷹狩のすべてを知った思い、将軍お抱えのお鷹衆の下役ぐらいにはなれそうな気分になる。

関連コラム

ページトップ