J1開幕間近! 昨年の下位チームと昇格組、躍進するのはどこ?

集計グラフを閉じる

 J2から昇格直後に柏レイソルがJ1で優勝したのが2011年。  2012年は昇格直後のサガン鳥栖が最後までACL出場権を争って5位に・・・続きを表示

●柏レイソル               (10位)
●名古屋グランパス    (11位)
●サガン鳥栖             (12位)
●ベガルタ仙台          (13位)
●大宮アルディージャ  (14位)
●ヴァンフォーレ甲府    (15位)
●ガンバ大阪               (J2 1位)
●ヴィッセル神戸        (J2 2位)
●徳島ヴォルティス     (J2 4位)

1-10件を表示 / 全22

すべて| | 名古屋| 鳥栖| 仙台| 大宮| 甲府| G大阪| 神戸| 徳島|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 補強が適確!

    zonoさん2014/02/18 20:20に投稿

    5
    そう思う!
  • 戦力的には圧倒的にガンバでしょう。
    昨季の戦力でもJ1で優勝できたと思える戦力と選手層。
    柏、仙台、鳥栖、甲府、神戸はなんだかんだ中位争いしそうだし、残留争いまではならないと思う。
    名古屋はベテランDF陣を纏めて契約満了したのが尾を引きそう。
    去年までの戦力であれば優勝候補だと思うけどマイナスが大きすぎる。
    徳島は柴﨑を引き抜かれたのが響きそう。
    大宮はなぜベルデニックを解任したのだろう。
    降格予想は名古屋、徳島、大宮かな。

    フィリップさん2014/02/18 22:36に投稿

    4
    そう思う!
  • 戦力的にはガンバでしょ。

    pikaさん2014/02/18 19:20に投稿

    1
    そう思う!
  • 2012年はまさかのJ2降格でしたが、その悔しさを味わったほとんどの主力選手が残留し、一年で見事にJ1復帰を果たしました。もう二度とあのような経験をしたくないと誰もが思っているはず。今季は必ず躍進してくれると信じています!そして、去年に復帰して大活躍だった宇佐美にも期待したいです。今年はW杯イヤーなので、遠藤や今野と共に何とか滑り込みでメンバー入りしてほしいと思います。

    gamryuさん2014/02/18 23:25に投稿

    1
    そう思う!
  • 前線のタレントは充実していて攻撃力はJ1でも引けは取りません。問題は守備ですが、懸案のGKも東口を獲得し、CBも今野をボランチに上げられるだけの戦力はいるので期待大です。

    うめさん2014/02/18 23:28に投稿

    1
    そう思う!
  • ガンバが躍進しても、なんか普通な感じもしますし、J2の試合の流れに慣れてしまったチームがどこまで広島等の上位チームとやりあえるかは正直微妙な気がします。
    柏や仙台にも上位進出の目はあるかもしれませんが、どうなのかな…。

    ここは、徳島にぜひ台風の目になってもらいたいし、その力はあるはずだと思います。
    守備の安定したチームでやってきましたし、確かに柴崎選手がいなくなるのは痛いですが、そこは守って守って、一瞬のチャンスを生かして勝ち点を拾ってほしい。
    鳥栖だっていきなり昇格初年度に上位争いできましたし、昨年はJ2の4位ですが、一昨年J2の6位からプレーオフ経由で昇格して昨年沈んだ大分のようなことはないと思っています。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/02/18 23:59に投稿

    1
    そう思う!
  • 戦力的にもう少し上にいるべきチーム
    aclの無い今年はリーグに集中できる
    補強も適材適所に充実

    伏兵はガンバ大阪

    番長さん2014/02/19 11:35に投稿

    1
    そう思う!
  • もちろん、ガンバが2011年レイソルの再来、やってくれるでしょ。遠藤のキャリアになきゃいけないはず。宇佐美、今野以外にも、戦力充実ですから。でも、遠藤FW定着は違和感あるなあ。FWの追加補強もしてほしい。

    NewImaさん2014/02/19 17:19に投稿

    1
    そう思う!
  • 日本人が一番弱いのは放り込み。
    高さのある選手へのハイボールに弱いのは日本人には高さが無いので仕方がありません。
    最も単純で効果的な攻撃です。
    選択肢の9チームの内、エアバトルを仕掛けられるのは数チームありますが、監督(戦術)・サイドアタッカーの特徴から、クロスを多用出来るのは鳥栖だと思い選択しました。
    昨季も前半の新スタイルへのチャレンジが無ければ、後半と同じ勝ち点を稼ぎ上位に居たのでは、と思ってしまいます。
    シンプルなサッカーでは物足りず、新たな試みで勝てなくなったチーム(岡田横浜FM・名古屋・仙台)がありますが、監督・選手の成長を取るか結果を取るか、勿論両方を目指しての事なのでしょうが、研究を恐れての変化ならば不要だと思います。
    分かっていても止められない。それこそが「シンプルなサッカー」です。

    中村酒店さん2014/02/20 01:46に投稿

    1
    そう思う!
  • 今年は準備期間が十分だし、補強も地味に的確。騒がれない方がサプライズも大きいかも。

    fukuさん2014/02/19 09:32に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ