セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

天才ディアマンティを中国へ放出!?
金に目が眩んだボローニャの行方は。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/02/19 10:45

天才ディアマンティを中国へ放出!?金に目が眩んだボローニャの行方は。<Number Web> photograph by AFLO

今季はここまで19試合に出場し、5得点のディアマンティ。独創的なゲームメイクはボローニャにとって欠かせないものだったはずだが……。

「あばよ、ボローニャ。楽しかったぜ」

 天才レフティは短い別れの言葉を残し、クールに去った。

 ボローニャの主将だったMFディアマンティが、広州恒大(中国超級リーグ)へ移籍した。

 ボローニャには、彼の魔法のようなフリーキックの記憶と移籍金690万ユーロ、そして、サポーターの深い不信感が残された。いくばくかのキャッシュと引き換えに、チームの大黒柱を放出したボローニャは、取り返しのつかない大失策を犯した気がしてならない。

 セリエA24節を終えて16位に低迷するボローニャにとって、ディアマンティは主将以上の存在だった。2月7日に移籍が明らかになると、監督バッラルディーニは「寝耳に水だった」と憤慨した。

 地方クラブであるボローニャの戦力編成は、お世辞にもハイレベルとはいえない。ギリシャ代表MFコネやプレミア経験のあるFWビアンキといった中堅どころはいるが、先の読めない混戦の残留争いで、天才肌の司令塔ディアマンティが見せるゲームの組み立て能力や左足から繰り出されるFKのキレは傑出していた。

ボローニャを愛した今冬の移籍を断念したが……。

 明らかに地方クラブには不釣合いなプレーヤーだったが、本人はビッグクラブで埋没することを好まず、特徴的なドレッドヘアや無数の刺青、自由奔放なキャラクターに寛容だったボローニャでの人生を愛した。

 ともに昨季の残留をつかみ取った盟友FWジラルディーノが今季ジェノアへ復帰したことで、キャプテンマークを巻くディアマンティは、より責任感をもってチームを引っ張るようになった。イタリア代表選手としては薄給ともいえる年俸150万ユーロも甘受した。

 その彼に1月中旬、降ってわいたように広州恒大のオファーが届いた。

「つまるところ、カネは大事だ」というプロ意識と台湾出身の妻をもつディアマンティは、年俸400万ユーロを謳うアジアからのオファーに心を躍らせた。

 だが、例年以上に厳しい残留争いをしているチームの主将として、シーズン途中での移籍など許されない。やりかけの大仕事を途中で放棄できるはずがない。

 加えて、今夏にはブラジルW杯が控えている。アズーリの一員としてEURO2012での準優勝と、昨夏のコンフェデレーションズ杯3位獲得に貢献してきたディアマンティも、当然本大会でのメンバー入りを切望している。当落線上の選手間競争が激化する中で、イタリアから地理的に遠く、レベルも大きく落ちる中国への移籍は決して有利な材料にはならない。

【次ページ】 現金に目がくらんだ会長が、勝手に交渉を開始。

1 2 NEXT
ボローニャ
アレッサンドロ・ディアマンティ

ページトップ