SCORE CARDBACK NUMBER

平尾GMが指摘する、
神戸製鋼に足りないもの。
~トップリーグ王座奪回ならず~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2014/02/16 08:10

平尾GMが指摘する、神戸製鋼に足りないもの。~トップリーグ王座奪回ならず~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

敗戦後、円陣を組む神鋼。一時同点トライのジャック・フーリー(中央)も肩を落とした。

 トップリーグ得点王ニコラス・ライアンの蹴ったボールが力なくインゴールに落ちたとき、神戸製鋼ファンは奇跡を期待しただろう。

 2月2日のトップリーグ・プレーオフ準決勝はすでにホーンが鳴っていた。3連覇を目指すサントリーのリードは3点。スクラムでPKを奪い取り、時間をかけて蹴ったニコラスのPGがまさかの失敗。神戸製鋼は、自陣インゴールから相手ゴールラインまでボールを運べば逆転だ。可能性が低いのは先刻承知、ありえないPG失敗でもらったチャンスだ、ありえないアタックだって成功するはずだ――。

 だが奇跡は起きなかった。逆に猛然とプレッシャーに来たサントリーのFLジョージ・スミスの圧力に耐えきれず、インゴールでこぼれた球にサントリーの新人PR石原慎太郎が飛び込んだ。19-27の敗戦。トップリーグが発足した'03年度に初代王座を獲得して以来、見放されている王座の奪回は今回も叶わなかった。

 力がなかったわけではない。リーグ3連覇を目指す相手から、後半23分に逆転リードを奪った。だがすぐに再逆転を許す。相手CTBニコラスのシンビンでBKが数的優位に立った10分間の大半をFWの力攻めに費したのにも首をひねった。ノックオンなどの単純ミスも多かった。

「僅かな可能性に対する想像力が足りないんです」

「でも、僕は違うところが気になった」と言ったのは平尾誠二GM兼総監督だ。

「最後にPGを狙われたとき、神戸の選手たちはキックが外れたり、ポストに当たって跳ね返ったときに反応する体勢をとっていなかった。僅かな可能性に対する想像力が足りないんです。逆にサントリーは、蹴った瞬間にジョージ・スミスがブワーっとプレッシャーをかけて、ほんの僅かの可能性を消しに来た。ファイナルの戦い方を熟知している。そういう差が、プレーのミスよりも大きかった」

 聞いていて、ふと思った。あの頃、赤いジャージーに挑んだチームたちは、みな同じように僅かの差に泣き、失意でスタジアムを去っていたことを。

 トップリーグのプレーオフ導入から8年、これまで決勝に進んでいるのは東芝、サントリーとパナソニック(三洋電機)。これはすべて、神戸がV7を謳歌していた時代に決勝で泣いたチームなのだ。

 この冬も多くのチームが敗れた。だが負けは無駄ではないと歴史が教えている。

関連コラム

関連キーワード
ニコラス・ライアン
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ジョージ・スミス
サントリーサンゴリアス
平尾誠二

ページトップ