プレミアリーグの時間BACK NUMBER

超過密日程の2月を前に悲観論噴出。
それでも優勝候補はアーセナルだ! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/07 10:45

超過密日程の2月を前に悲観論噴出。それでも優勝候補はアーセナルだ!<Number Web> photograph by Getty Images

2月2日24節クリスタルパレス戦で2得点と復調した姿を見せた、オクスレイド・チェンバレン。

 今季のアーセナルには、何かと予想外が多い。

 ホームでアストン・ビラとの開幕戦に負けるべくして負け、9季連続無冠の阻止は前途多難と思いきや、すぐさま連勝街道に乗った。前半戦はプレミアリーグ首位の座をほぼ独占。

 その間には、口先だけで終わるかに思われた大物獲得が、メスト・エジルの加入で実現した。そのエジルに勝るとも劣らぬ活躍でチームを牽引したのは、オリビエ・ジルーとアーロン・ラムジー。揃って昨季はファンにも酷評された二人だった。

 しかし後半戦に入ると、予想通りの出来事が1つ。毎年のようにアーセナルを襲う、相次ぐ主力の故障だ。年始のFAカップ第3ラウンドでのトッテナム戦では、セオ・ウォルコットが膝の靱帯を痛めて今季絶望に。続くコベントリーとの第4ラウンドでは、ジャック・ウィルシャーが爆弾を抱える足首を打撲して不安が高まった。

 時を同じくして、クリスマス明けから欠場していたラムジーの復帰が、3月初旬まで遅れる事実も発覚。1月最後のサウサンプトン戦(2-2)では、マテュー・フラミニが一発退場となり、翌節からの3試合出場停止が決まった。

アーセナルが迎える2月の超ハードスケジュール。

 主力脱落のタイミングは最悪。2月からは、年末からの過密日程に加え、CL決勝トーナメントも始まるのだ。しかも、アーセナルがこなす2月の6試合には、12日間での強豪対決4連戦が含まれる。

 プレミアでは中3日でリバプール(2/8)、マンチェスター・ユナイテッド(2/12)と続き、FAカップで再びリバプール(2/16)と対戦した後、中2日でバイエルン・ミュンヘン(2/19)とのCLというハードスケジュールだ。

 もちろん、僅差でリーグ優勝を争うマンチェスター・シティとチェルシーも、2月には国内外で計6試合ずつを戦う。マンCには、CLでバルセロナに挑む前に敗戦に終わった3日のリーグ対決(0-1)の他、チェルシーとのFAカップ対決も用意されている。但し2度の直接対決の間に挟まっているのは、ノリッチとサンダーランドというリーグ下位勢との対戦だ。

【次ページ】 アーセナルの“鬼門”2月に漂う悲観論。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アーセナル
メスト・エジル
オリビエ・ジルー
アーロン・ラムジー
ペア・メルテザッカー
ローラン・コシェルニー
リバプール
アレックス・オクスレイド・チェンバレン
アーセン・ベンゲル
チェルシー

ページトップ