オリンピックへの道BACK NUMBER

ソチで初採用のスキーハーフパイプ。
転向に現役復帰、2人の個性派女子。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/02/03 10:40

ソチで初採用のスキーハーフパイプ。転向に現役復帰、2人の個性派女子。<Number Web> photograph by AFLO

新種目のフリースタイル・スキーハーフパイプ。活躍が期待される小野塚彩那(左)と三星マナミ。

 開幕が迫ったソチ五輪では、12の新種目が実施される。その中には、日本勢の活躍が期待される種目がいくつもある。フリースタイル・スキーハーフパイプもその一つだ。

 これまでもオリンピックで行なわれてきたスノーボードのハーフパイプと同様、半円形のコースを滑り、空中に飛んで技を披露する採点競技だ。

 そして女子には、対照的な経歴を持ちながら、新種目だからこその、同じ思いを抱く2人の選手が出場する。

 エースと目されるのは、25歳の小野塚彩那である。昨年3月の世界選手権では銅メダルを獲得。また、今年1月12日にアメリカで行なわれたワールドカップでも2位に入っている。

 もともと、アルペンスキーの選手だった小野塚がハーフパイプに転向したのは2011年。この時期、ハーフパイプがソチ五輪で採用されると発表された。それを聞いた小野塚は「やるからには世界を目指したい」そんな思いから転向を決断する。

遠征は自己負担、強化体制も未整備で、全て手探りだった。

 転向後、小野塚はアルペンスキーで磨いた技術をベースに、すぐさま頭角を現した。'11年の冬には早くもワールドカップに出場、'12年夏には3位となる。そして、先に記したように、世界選手権で銅メダルという成果をあげたのである。

 新種目だけに、競技に打ち込むのも容易ではなかった。当初、遠征費は全額自己負担。世話してくれる人がいるわけではないから、手配も全て自分でやらざるを得なかった。強化体制が整っているわけでもないから、遠征先では海外の関係者に拙い英語で話しかけ、どのようにすれば上達できるか、勉強することもあったと聞く。

 そうした苦労は少なくなかった。だが一方では、自らそうした体験をしたこと、道を切り開いてきたことが強みとなっているようにも見える。

 そんなたくましい雰囲気を漂わせる小野塚はこう語っている。

「何よりもオリンピックでメダルを獲ることを優先します」

【次ページ】 五輪での正式採用を知り、現役復帰を決意した三星。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
小野塚彩那
三星マナミ
ソチ五輪

ページトップ