SCORE CARDBACK NUMBER

計量トラブル続出は、
王者乱立の弊害か。
~ボクシング世界戦の価値下落~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/02/02 08:10

計量直後に顔面蒼白の宮崎。井岡一翔は「こういう姿を見せるアイツに腹が立つ」とバッサリ。

計量直後に顔面蒼白の宮崎。井岡一翔は「こういう姿を見せるアイツに腹が立つ」とバッサリ。

 試合前日午後に行なわれるプロボクシングの公式計量。選手は決まった時間に契約通りの体重を作らなければならない。うまくいって当たり前だが、そこは生身の人間のやることゆえ、時にミスもトラブルも起こる。12月にはこの計量トラブル、不祥事が相次いだ。

 大晦日、大阪。井岡一翔の同僚で前WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮が、ノンタイトル戦で楽な相手とみられたタイ選手にまさかの3回KO負け。これは減量失敗による自滅だった。

 宮崎は減量苦からミニマム級の世界タイトルを放棄したばかり。この日の無冠戦は1階級上げてライトフライ級の48.9kg契約だったが、宮崎は自力で計量台に乗れないほど消耗していた。「あんなショッキングな計量シーンは初めて」と、記者も呆れていたほどだ。計量はパスしたものの本番では体力が持たずに初黒星を喫し、無理に試合をさせない方がよかったとの声がもっぱらである。

大毅の「負けても王者」騒動も完全決着に至らぬまま。

 12月上旬の亀田大毅の「負けてもチャンピオン」騒動もまだ完全決着に至っていない。IBFの亀田とWBAのソリス、2人の王者が統一戦を予定していたが、ソリスが計量で規定体重を作れずタイトルはく奪。試合は予定通り行なわれたものの、大毅が判定負けを喫した。日本のルールでは王者が正規の体重で戦って負けたらタイトルを失うが、IBFのルールは相手が体重オーバーで失格となった時点で、勝敗に関係なく王座の移動はなくなる。問題は試合前のルール会議でどちらの規則が採用されたかだが、亀田側とコミッションとの間で見解が対立。IBF立会人が前言を翻す不手際もあり、亀田を支持するIBFに対してコミッションは不快感を露わにしている。

 近年世界戦の計量で王者が契約体重に落とせずタイトルを失うケースがしばしばおこる。昔は一度世界戦の機会を逃せばいつ次のチャンスが来るか分からないから、選手は死ぬ思いで減量した。

 だが、いまは違う。たとえ計量に失敗しても、無理に落とさず体力を温存しておき、試合でしっかり勝つというのが世界的な傾向だ。狙う世界王座は4団体分もあるから、取り戻すチャンスはいくらでもあるという算段なのだろう。

 計量失敗時の事後策ひとつとっても、世界王座の価値の下落は明らかだ。

関連コラム

ページトップ