SCORE CARDBACK NUMBER

注目興行をずらりと並べ、
押せ押せムードの新日本。
~G1最終戦は西武ドーム開催に~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/01 08:10

新日本ブームの立役者・オカダが2013年プロレス大賞で2年連続のMVPを獲得した。

新日本ブームの立役者・オカダが2013年プロレス大賞で2年連続のMVPを獲得した。

 新春恒例の1・4東京ドーム大会で3万5000人の観客動員数(主催者発表)を記録した新日本プロレスが、2014年も押せ押せムードだ。

 大会中に発表された前半戦の興行日程からは、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也が熱かった“闘魂三銃士”時代の再現とばかりに、新日本の活況が見て取れる。

 まず、3月6日に行なわれる創立43年目の旗揚げ記念日大会は、新装された東京・大田区総合体育館に初進出。5月25日には11年ぶりの横浜アリーナ開催が決まり、夏のG1開幕戦は7月21日に北海道立総合体育センター・きたえーるで開かれる。そして、8月10日のG1クライマックス優勝決定戦の舞台が「埼玉・西武ドーム」と発表されると、満員の会場からは大きなどよめきが起こった。

 毎年、G1最終戦は旧盆と合わせるように東京・両国国技館で行なわれており、同館以外での開催は'91年の第1回大会以来初めてのことだ。ただし、筆者には懸念もある。2000年8月にPRIDEが西武ドームで興行を打った際、ドーム内のあまりの暑さに不評を買ったことがあったのだ。お盆の繁忙期で国技館を押さえられなかったと聞くが、稼ぎ時の興行調整の難しさが垣間見える。

負傷が癒えた荒武者・後藤が1年9カ月ぶりにIWGP挑戦。

 とはいえ昨年、首都圏ばかりではなく、大阪、神戸、名古屋などの大会場でも満員現象が続いた新日本。超新星オカダ・カズチカが飛び出したことによって、団体のどん底時代を支えたエース棚橋弘至と中邑真輔が奮起し、世代交代の新たなムーブメントが起こっている。

 この好調を持続できるかどうか。そのバロメーターとなるのが、ドーム大会で棚橋に敗れた中邑がリベンジを期すIWGPインターコンチネンタル選手権試合(2月9日、広島サンプラザ)と、王者・オカダ×挑戦者・後藤洋央紀のIWGPヘビー級選手権試合(2月11日、大阪府立体育会館)の両タイトル戦だ。

 荒武者・後藤は昨年のG1棚橋戦で下顎を骨折して長期欠場していたが、5カ月ぶりに東京ドーム大会に登場し、桑名工業高レスリング部同期の柴田勝頼を倒した。そのカムバックが本物か試される1年9カ月ぶりのIWGPヘビー級ベルト挑戦でもある。

 人気爆発の新日本。2試合ともドーム大会以上の好ファイトを期待したい。

関連コラム

ページトップ