安貞桓の名言 

今日の名言 

近頃、世界では韓日の立場も逆転しつつある。みんなが望む役割は十分に察している。

安貞桓(サッカー)

2014/01/31

2000-'01シーズンにペルージャに移籍し、韓国初のセリエA選手となった安貞桓は、同じペルージャでプレーしていた中田英寿と比較されることに苛立っていた。「ナカタの実力は認めているさ。それでも、困惑しているし、自尊心も傷つけられる。コンスタントに出場できれば、彼が1年目に記録した10得点を超える自信がある。同じだけの時間を費やした後に評価を下してくれ」。リーグ戦の初戦こそ先発フル出場を果たしたが、その後は第3節から11試合連続で不出場など、リーグ戦34節中15試合の出場に留まった。そのうち、先発フル出場はわずかに9試合。それでもチームにケガ人が多発した終盤では少なからず起用の機会があり、4ゴールを奪ったが……。

Number508号(2000/10/19)

ページトップ