相次ぐJリーガーの海外移籍、どう思う?

集計グラフを閉じる

  この冬はJリーガーの海外移籍が相次ぎました。   すでに発表になっているだけでも、細貝萌、・・・続きを表示

  ●歓迎できる
  ●歓迎できない
  ●どちらでもない

1-10件を表示 / 全58

すべて| 歓迎できる| 歓迎できない| どちらでもない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 「海外移籍」というものを特別なものとしてとらえ過ぎではないか?
    例え欧州のクラブであっても、移籍の選択肢の1つであることに変わりない。
    4大リーグを除けば、2部やその他の国のリーグでプレーする日本人はたくさんいるし、そういう選手は毎年当たり前のように国境を越えて移籍している。
    1度移籍しても、Jに戻ってプレーすることがベストだと思えば帰ってくればいいし、それは当然の選択だ。

    海外でプレーすることがいいかどうかはやってみないとわからない。
    積極的にチャレンジする精神はサッカーというスポーツにおいて重要である。
    学べることがあれば学び、帰ってきたければ帰ってくればいい。

    移籍金は安いかもしれないが、まだ日本人の欧州への挑戦は始まったばかりなのだ。
    「安い割にいいプレーをする日本人」から始まり、そこから日本人のブランドを上げていけばいいのではないか。

    うさぎさんさん2011/01/05 23:49に投稿

    26
    そう思う!
  • 年末関西系の番組でたむけんとヤット(遠藤)が対談で『日本人が世界と比較して一番足りないのは?』との質問にヤットは迷わず『経験』と言った。その他の番組で、長谷部も同様の事を言っていた。Jリーグで世界を経験できるなら良いが、代表の選手以外は殆ど経験できず、また最近はJFAも海外での試合を1994年代と比較すると減少させていく傾向にある。じゃあどうするか?選手自ら海外へ出て行くしかない。幸いドイツではマガトのような一流指導者が日本人を高評価したのをきっかけに評価が高まっている今、ドイツこそ日本人が旅立っていくには持って来いの場所だ。
    これもこれまでドイツへ『輸出』した高原、長谷部、そして最高傑作の香川が大活躍しているのも勿論だが、僕はやはり大先輩である『奥寺康彦氏』がいたからこそを忘れてはならないと思う。
    このチャンスにどんどん欧州へ旅立って欲しい。

    goroさん2011/01/05 20:51に投稿

    23
    そう思う!
  • 「海外でプレーしたい」という選手の気持ちは否定しません。人間としてもこういった経験はきっと成長につながるでしょう。ただ、最近の流れを見ると「海外クラブに移籍すること」が目的になっているように感じています。

    Jクラブで長年プレーして、日本サッカーを盛り上げてくれる存在が少なくなっているのは寂しいです。今回、中村憲剛が川崎でプレーを続ける選択をしたのは、川崎ファンではありませんが嬉しかったです。

    そして、この移籍ラッシュの最大の問題が「0円移籍」であるということ。移籍金が取れなければ、選手の流出はJクラブにとっては損失でしかありません。

    じゃうーさん2011/01/05 19:13に投稿

    21
    そう思う!
  • まだまだ発展途上にある日本サッカーがさらに強くなるには、世界を肌で感じ、世界の強さを身に沁みて味わわなければならない。このためには、選手たちの海外での武者修行は必須だと思う。

    「選手の海外流出による国内の空洞化」は、野球でメジャー挑戦が盛んになって以来懸念されていることだが、その後日本野球のレベルが下がったとは思えない。それはWBC連覇に表れているし、レギュラーのポストが空くことによって若い選手に活躍の機会が与えられて、いわゆる「新陳代謝」が進んでいる。

    この野球と同じ展開をサッカーにも期待できると思う。トップ選手が海外でさらに磨かれ、Jリーグで若手がどんどん経験を積む。こうして全体的なレベルアップが進めば、日本代表もさらに世界に近づき、W杯でのベスト8・ベスト4も見えてくる。

    何よりあらゆるスポーツでダントツに「世界に開けている」スポーツなのだから、もっと世界を知るべし!だ。

    Dukepanさん2011/01/05 21:06に投稿

    16
    そう思う!
  •  レベルの高いところでチャレンジしたいという気持ちがアスリートとしてある以上、海外移籍が増えるのは仕方がないし、Jで経験する以上の経験値が得られるのであれば、海外への移籍は歓迎すべき。
     選手として活躍できる期間はそう長くない。クラブとの相性もあるだろうが、移籍したクラブでの活躍を望む。香川などは好例でしょう。

     同時にクラブは選手の希望ばかりをきくのではなく、適性な移籍金を設定する(その努力をする)ことが必要だろう。クラブのネゴシエーション能力の向上が、選手の流出分を補う戦力補強に充てられるようになれば、選手間の競争もあおることになり、レベルアップも図れる。移籍金をうまく使えば、クラブも潤うことになるであろう。
     すべてがうまくいくとは限らないが、ただ移籍させるのではなく、クラブにも実のある方法をクラブ自身が考えるべき。

     

    たったこさん2011/01/05 22:04に投稿

    16
    そう思う!
  • 選手の移籍は大きな問題ではないと思います。むしろ日本に海外から多くの目が向けられ、Jのレベルが伝わり海外選手が日本に来たいと思えるくらいになればいいのです。たしかに歴史も浅くW杯でも上には行けないリーグですが、日本人選手が活躍することでサッカー界において日本の発言力が増すことが望ましいと思います。それにJの形骸化など言われますが、そんなにか弱いリーグではないと思います。サッカー選手を目指すアンダー世代がいる限り選手の進歩は進むはずです。

    個人的には選手よりも審判や監督・コーチに海外で武者修行を積んでほしいと思います。選手のレベルだけが上げるのでなく、リーグ全体のレベルが上がるには周りの部分もレベルアップが必要なはずです。幸い審判は西村さんなど信用を得始めていると思うので、コーチ陣もどんどん欧州と交流を図れればいいと思います。

    savoさん2011/01/05 23:41に投稿

    16
    そう思う!
  • 多くの方が先に述べられている通り、欧州の選手と対峙して得られる経験は選手の成長を加速させる為、歓迎です。
    但し、試合に出られないならば経験もつめないので、ジャパンマネー目的の移籍には絶対反対。
    その点、レンタル移籍が決まっている細貝選手などは、最高の条件だと思います。
    是非、結果を出して後の若手選手の道を開いて欲しいですし、応援しています。

    Jリーグのレベルが下がる事を危惧されている方も多いですが、欧州で活躍する選手の数だけJリーグで経験を積める選手が増えるから、いいんじゃない?という考えは単純過ぎますでしょうか( ´ ▽ ` )ノ

    takeshi@さん2011/01/07 01:13に投稿

    15
    そう思う!
  • サッカー界の性格上、取り立てて騒ぐことではないのではないか?
    野球でもMLBへの移籍を「流出」と騒ぐ評論が少なくないが、国内の形骸化を気にする前に、その移籍する少数の選手に依存する国内リーグの運営・人気・育成を問題視するべきではないか?逆にイタリア代表のように、多くがセリエAに所属する例もあることから、充実した競技環境を国内に築き、容易に動じない磐石の基盤を目指すほうが健全且つ建設的だろう。
    移籍したことの損失は局地的であり、彼が代表として持ち帰る経験や知識を喜んで国内に取り入れ、円滑に人材を還流させ得ることは、強豪国に比肩する条件だ。他国や世界に迎合しろというのではなく、日本が世界と渡り合うための「強み」を得るまで、様々な基盤運営のあり方を学ぶ必要がある。日本サッカー界の長期戦略の上で、個々の海外移籍は必然のこととみるべきだろう。ローマは一日にして成らず、大河の一滴をむしろ尊びたい。

    strike-2さん2011/01/05 22:23に投稿

    14
    そう思う!
  • 大いに歓迎すべきではないか。

    たしかに、国内で活躍している選手がどんどん海外に移籍してしまうわけだから、Jリーグ人気が落ちるリスクはあるし、0円移籍などの問題もある。

    ただ、私はこう思う。
    今こそ、日本サッカーを長い目で見つめ、考える時期なのではないか、と。
    海外のチームでプレーすることにより、選手はJリーグにいたとき以上の経験値を積める。
    クラブの主力選手が海外に移籍すれば、それまで控えだった若手選手も出場機会を得ることができる。
    もっと先を考えてもいい。
    海外のスター選手とともにプレーする日本選手を見たら、子どもたちは強い憧れを抱くだろう。
    その気持ちが、10年後20年後……大きな花を咲かす時が来るかもしれない。

    海外移籍には大きなリスクがある。
    それでも、日本を代表する選手には、リスクを恐れずに挑戦し続けるアスリートであって欲しいと願ってしまうのは、私だけだろうか?

    lustig 27さん2011/01/06 19:43に投稿

    13
    そう思う!
  • Jリーグが衰退してしまうという意見があると思うが,今の日本サッカーの立場はヨーロッパ・南米に比べれば発展途上国だと思う.そのなかで,どのように国力を上げるのかと考えれば,科学技術と同じように留学や海外への武者修行が大事であるのは間違いがない.

    日本サッカーの空洞化は防ぐ必要があるが,それよりも日本サッカー代表のレベルアップが大事であると思います.

    みっちさん2011/01/05 19:30に投稿

    12
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ