MLB東奔西走BACK NUMBER

「肩をたたかれるまではやらないと」
ヤンキース黒田博樹の自負と覚悟。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/20 10:40

「肩をたたかれるまではやらないと」ヤンキース黒田博樹の自負と覚悟。<Number Web> photograph by Getty Images

昨年末FAとなり、ヤンキースと1600万ドルで1年契約を結んだ黒田博樹投手。今シーズンも先発の柱として期待されている。

「またしんどい1年が始まるというのが一番ですね」

 2014年の初練習を終えたヤンキースの黒田博樹投手は開口一番、苦笑いを浮かべながらこう呟いた。

 世界最高峰のメジャーで長年にわたり投げ続けることは、決して簡単なことではない。ましてや来月には39歳になるベテランともなればなおさらだ。

 それでもメジャーのマウンドに立つことができる黒田が、まさにメジャーでもごくわずかな“選ばれし選手”であることに疑いの余地はない。

残留か日本球界復帰か引退か……考えた3つの選択肢。

 しかし、そんな黒田でも、昨シーズンが終わった時点で日本球界復帰のみならず、現役引退も真剣に考えていたという。

 だが彼が最終的に下した結論は、自身にとって最も困難な道である「メジャー残留」だった。

「去年に関しては、シーズンが終わった段階でもう1年メジャーでやる、日本に帰る、それにプラスして引退というのも考えていました。その3つの選択肢があった。(その中でメジャー残留を選んだのは)それだけ(ヤンキースからの残留要請などで)評価してもらっているというのが一番です。あとは折角自分で1つ1つ段階を経てここまで上り詰めてきたのに、それを放棄していいのかというのを考えました。

 現時点で引退を選んでしまうと、終わった後に自分の中で後悔するんじゃないかというのもありました。とにかくここまで来たら続けるというか、走り続けるしかないかという気持ちですかね」

 2008年にメジャー挑戦して以来の成績をみればわかるように、黒田は決して最初からずば抜けた成績を残してきたわけではない。

【次ページ】 ヤンキースで最も信頼を寄せられる先発投手。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
黒田博樹

ページトップ