セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAのジンクスを破壊するナポリ。
“スペイン化”でカテナチオに挑む。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/01/15 10:40

セリエAのジンクスを破壊するナポリ。“スペイン化”でカテナチオに挑む。<Number Web> photograph by AFLO

インテル長友がヘッドでクリアしたボールをダイレクトボレーでゴールに突き刺し、歓喜するイグアイン(右)。長友の今季4点目も生まれたが、試合は4-2でナポリが勝利した。

 今季のセリエAには、リーガ・エスパニョーラのチームと見紛うクラブが1つある。

 スペイン語圏選手を大量補強し、昨季のEL優勝監督ベニテスを迎え、新戦術4-2-3-1を導入したナポリは、19節までにリーグ2位の総得点41を挙げた。

 イタリア人によるゴールは1得点しかないが、それを嘆く声はまばらだ。松林に囲まれたカステルボルトゥルノ練習場には、指揮官の甲高い声と選手たちの快活な笑い声が響いている。

 好調FW陣の先頭に立つのが、移籍1年目のイグアインだ。開幕後、カプリ島の観光クルーズ中に顔を8針縫う怪我に見舞われたが、不運をものともせずに直後のキエーボ戦で初ゴールを決めると、勝負どころで得点を重ねた。

「イタリアで対戦するチームは、リーガと比べてどこもDFが1人多い。FWに与えられるスペースはより狭くなる。だから、俺の経験が余計に生きる」

 昨季までの絶対エースだったFWカバーニがパリSGへ放出されたことを嘆くナポリっ子はもういない。R・マドリーからやってきたイグアインとMFカジェホンが新生ナポリを牽引し、本拠地サン・パオロに集うサポーターたちを虜にしている。

 指揮官ベニテスには、ボールポゼッションを基本に左右と中央を巧みに使い分ける明確な攻撃のアイデアがある。新守護神GKレイナと最終ラインの司令塔DFアルビオルは、プレミアリーグやリーガでのハイレベルな経験を持ち込んだ。チーム全体が同じ言葉、同じサッカー観を共有するメリットは大きい。

CLはアーセナル、ドルトムントに競り負けるも……。

 ただし、トリノでの12節ユベントス戦に敗れ、その後も中位クラブ相手の取りこぼしが続いたことで、ナポリは首位戦線から一歩後退した。

 2年ぶりに戻ったチャンピオンズリーグでも、今季無類の強さを見せるアーセナルと昨季準優勝のドルトムント相手に堂々渡り合ったものの、直接対決の成績によって、決勝トーナメント進出を逃した。

「プレミアの首位チームをKOして、勝ち点を12も積み重ねたのに! そんな馬鹿な話があるかよ……」

 決死の覚悟で臨んだ最終節アーセナル戦で、大会4得点目を挙げたイグアインは悔しさのあまり、試合終了と同時に両手で顔を覆って泣き崩れた。

 ナポリの壮大な実験は、ここで潰えるのか。

【次ページ】 仇敵相手に指揮官が見せた後半戦への切り替え。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ナポリ
ラファエル・ベニテス
インテル

ページトップ