セリエA残り20試合で、本田圭佑は何ゴール決めると思う?

集計グラフを閉じる

 ACミランへの加入が正式に決定して、1月4日、颯爽とミラノに降り立った本田圭佑選手。  メディカルチェックも終了、6日にはアタランタ・・・続きを表示

●10ゴール以上
●7~9ゴール
●4~6ゴール
●1~3ゴール
●0ゴール

1-10件を表示 / 全43

すべて| 10ゴール以上| 7~9ゴール| 4~6ゴール| 1~3ゴール| 0ゴール|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 堕ちる所まで堕ちた今のミラン、今のセリエAであれば
    残り20試合でフルに近い出場機会を与えられれば
    3~5得点くらい出来そうな気もするが、加入して間もない本田には
    さすがにそこまで多くの出番は回って来ないだろう。

    「今季はミランでCLに出られない分だけ、リーグ戦の出番が増える」
    とも到底思えない。
    なぜならば、ミランの今季CLの残りゲーム数は僅か2試合だから。

    そこら辺をひっくるめて
    今シーズンの本田は「約12試合で1~2得点くらい」と見る。

    ちょっと物足りない数字だが、得点だけがすべてじゃないし
    冬の移籍市場で途中加入した今シーズンの残りよりも
    来シーズンからが勝負だろう。

    W杯での疲労蓄積を考慮すると、
    来シーズンのミランがCLはおろかELにすら出られないのは
    本田にとって むしろ幸運なのかもしれない。

    M.Eさん2014/01/16 02:55に投稿

    27
    そう思う!
  • いくらチャンピオンズリーグに出られないからと言って、セリエAで20試合全て、フルタイム出場できるでしょうか。
    怪我持ちでもあるし、いつどこで再発するか…という不安もあるんですよね。
    救世主としての期待も高いですが、最初の2、3試合で結果出せなければ周りの目が厳しくなるのは必至だと思います。ましてオフェンスですから、やはり点に絡んでいけないと最後まで使ってもらえる可能性が落ちてきそうです。

    とはいえ、今年はW杯もありますし、0ゴールというのはいくらなんでも寂しすぎる。アシストが多くなりそうな気がするのですが、2ゴールくらいは決めてくれるかなと期待したいです。
    もちろん応援していますし、こんな悲観的予想が覆されることを期待しますよ!

    するのは苦手見るのは得意さん2014/01/08 00:26に投稿

    21
    そう思う!
  • CLに出れないのでチーム内でポジションを確保してリーグ戦には出場するででしょうけど、爆発的な得点は無いと思われます。
    ミランとは言え、中位に沈む歯車の狂ったチーム状態ですから・・・

    得点よりチームを機能させる、順位を上げる貢献の方が求められる内容だと思います。

    K4NUさん2014/01/08 11:59に投稿

    21
    そう思う!
  • いきなり常時出してもらえると思うのはあまりにも楽観過ぎ、一方で、本田選手の順応性も考えると、2-3ゴールあげることが出来ればまあまあといった感じでしょうか?(試合にある程度出してもらえば、アシストはもう少し数が多いかもしれませんね。)

    ぱぱさんさん2014/01/13 03:33に投稿

    17
    そう思う!
  • 5ゴール取れれば評価としては上々でしょう
    ただ、現実的な話をすれば3ゴール取れるかどうか

    得点以上に、チームが上昇するかどうかのほうが重要
    加入後、10連勝でもするようであれば得点云々に関係
    なく評価されるし、逆に現状と変わらなければヘタすれば
    来年10番をつけていないかもしれない

    FKも最初は任せてもらえないでしょう。PKは論外
    現地サポーターとすれば、5得点5アシストは義務という
    感じでみているのでは?

    それができなければ、長友のようなキャラではないし、
    徹底的に叩かれる対象になるだろう。

    kmcstartさん2014/01/11 09:10に投稿

    16
    そう思う!
  • 現実的に考えると、このくらいが妥当。

    贔屓目に考えても二桁はないでしょ。

    アタッカーじゃないし。

    FKは任せてもらえるかもしれないが、PKはパロテッリとカカがいるので機会は無いでしょう。

    あとは、流れの中からになりますが…いい意味で期待を裏切って欲しいものです。

    わ、渉です!!さん2014/01/07 23:23に投稿

    9
    そう思う!
  • CSKAではなんだかんだでバランスを考えたプレーというのが多かったように思いますが、ミランでは能力自体はトップクラスのモノを持っている選手が多いですから、バランスを取るプレーは他の選手にある程度任せて、VVVの時のようにガンガン狙っていけるんじゃないかなと期待しています。

    何よりも、他にも強力な選手がいるために多人数でマークされる心配もあまりないですし、攻撃的な本田を目にする機会も増えるのではないでしょうか。

    実質メシアさん2014/01/08 10:03に投稿

    5
    そう思う!
  • 今季のミランは28点/18試合。本田とカカとワロテッリが抜群のコンビネーションを発揮したとて、1試合平均1.5点のミランで10得点以上は不可能に近い数字かと思います。
    現実的な目標として、出場4試合に1得点くらいのペースでも大活躍と言えると思います。
    本田自身は独力で局面を打開するタイプではないですが、カカとワロテッリやロビーニョやエルシャといった、好調時は手のつけられないスーパーなプレーヤーのアシストが待ってます。
    本田に頼りきりのCSKAや代表、VVVとは違って多少恵まれた環境と思うので、出場20試合なら5〜7点は取れる気がします。

    酢酸ナトリウムさん2014/01/09 14:05に投稿

    5
    そう思う!
  • 希望を込めると5ゴールくらい欲しいところだが、役回りとしてはバロテッリやカカをヘルプする役割になると思うのでそこまで多くのゴールは望めないのかなぁと。
    ただ、そこはイタリア。数字で答えないとメディアに叩かれるという恐れもあるので時に強引に行ってもらって希望的観測の方が当たってくれるといいなぁと。

    Schunさん2014/01/08 21:16に投稿

    4
    そう思う!
  • 結果的にはデビュー戦で全てが変わると思う。
    破格の待遇で迎えられた反動が、デビュー戦で(良くも悪くも)噴出する。
    デビュー戦で結果を出せばチームメイトからの信頼を得て、ゴールも上積みされるだろうが、
    結果が出ないようなら信頼を得られずボールが回ってこなくなるはず。
    本田のマスコミへの対応の悪さも、それに拍車を掛け、出場機会さえ、まともに得ることが出来なくなる可能性もある。
    そういった多すぎる負の要素を考えると1~3ゴールが妥当な線だと思う。
    (モチロン、自分の想像を裏切ってくれることは期待している。)

    ogaさん2014/01/10 17:44に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ