SCORE CARDBACK NUMBER

磐石の新日本が魅せる。
新春興行で4強が火花。
~ファンで決めたドーム2大決戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/01/03 08:00

磐石の新日本が魅せる。新春興行で4強が火花。~ファンで決めたドーム2大決戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

(左から)中邑、オカダ、内藤、棚橋。黄金時代を迎えた新日本の主役争いは激しさを増す。

 ファンのジャッジメントはシビアだった。新春1月4日に開催される新日本「WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム」のメーンカードが王者・中邑真輔vs.挑戦者・棚橋弘至のIWGPインターコンチネンタル選手権試合に決まった。団体の看板であるIWGPヘビー級選手権がメーンから外れるのは東京ドーム興行で初めてのことだ。

 '13年、ひとり勝ちとなった新日本。興行面の好調を受け、トップ選手の競争心を煽る意味で行なったのが人気投票だ。王者・オカダ・カズチカvs.挑戦者・内藤哲也のIWGPヘビー級選手権試合と中邑vs.棚橋戦をダブルメーンとし、テレビ朝日「ワールドプロレスリング」を通じて、ファンの投票で2試合の試合順序を決めるというドームPR戦略を実施した。

 その結果、応募総数3万2308票のうち、IWGPインターコンチネンタル選手権が2万422票、IWGPヘビー級選手権が1万1886票となった。予想された投票差だったが、中邑vs.棚橋戦より格下扱いされた当事者のオカダ、内藤の両選手は屈辱だろう。メーンを蹴落とすベストファイトを要求されるポジションに立ったことになる。

中邑vs.棚橋のシングル対決は約2年4カ月ぶり!

 逆に中邑vs.棚橋戦がファンに支持されたポイントは、2人の実績ばかりでなく、「ストロング・スタイル」の鎧をはずした中邑の人気上昇にあったのではないか。

「たぎるぜ、イヤァオッ!!」の奇声を発し、くねくねスタイルのレスリングが大ウケなのだ。「平成の名勝負数え唄」ともいわれた中邑vs.棚橋のシングル対決は、約2年4カ月ぶりのこと。勝敗は別にして、試合巧者同士の虚々実々の駆け引きを楽しんでみたい。

 一方、'13年プロレス大賞で、'88年の天龍源一郎以来となる2年連続最優秀選手賞を受賞したエース・オカダはドーム大会を前にして気合い十分。'13年のベストバウト賞の選考からはもれたが、「中邑vs.棚橋戦よりレベルが上だということを見せたい。内藤さん、頑張りましょう」と内藤に檄を飛ばし、7度目の防衛戦に自信満々だ。

 ダブルメーンを張る4強はいずれも新日本の選手。他団体、外国人選手の力を借りずに2試合組めるということは、団体の興行力がついた証拠。人気のバロメーターとして観客動員数が注目される。

関連コラム

関連キーワード
中邑真輔
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
内藤哲也
IWGP

ページトップ