Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ゴールハンターの叫び> 大久保嘉人 「どうしても得点王を取りたかった」 

text by

小宮良之

小宮良之Yoshiyuki Komiya

PROFILE

photograph byTakahiro Ichikawa

posted2013/12/19 06:01

新天地・川崎フロンターレで31歳にしてキャリアハイを大幅に更新。
男は臆面もなく、自身初のタイトル・得点王へのこだわりを明かした。

 大久保嘉人は31歳にして、シーズン自己最多得点を記録した。ヴィッセル神戸から川崎フロンターレに移籍してきて以来、まるで“ゴールの鍵”を手にしたようだ。

「大人になったことで得点が取れている」と関係者は好調の理由を説明する。しかしセレッソ大阪、マジョルカ、ヴォルフスブルク、ヴィッセル神戸と取材を続けてきた筆者から見て、彼の本質は変わっていない。むしろ、得点を取り続けているからこそ落ち着いているように映る。だとすれば、ゴールに結びつくプレーそのものに真実はあるはずだった。

 自身初のJリーグ得点王タイトルを目前にした彼を訪ねた。

昔はボールが戻って来んから、ちょっと苛々していた。

――Jリーグ得点王に王手(31節時点で24得点)?

大久保嘉人 Yoshito Okubo
1982年6月9日、福岡県生まれ。国見高校卒業後、'01年にセレッソ大阪に入団。マジョルカへのレンタル移籍やヴォルフスブルク、ヴィッセル神戸を経て、'13年に川崎フロンターレに加入。今季は26得点と、初の20ゴール超えを果たした。170cm、73kg。

「まだ取ってないよ。気が早いって(笑)」

――残り3試合で3点差。

「3点差なんて、他のみんなもあきらめていない。なにが起きても不思議じゃないよね。気を抜いたら追いつかれる。逆の立場でも、諦めないっしょ。それがストライカー」

――20点超えは初。率直に聞くけど、自己最多得点を取れている理由は?

「俺のやることは変わってない。調子がいいのは、周りの選手が気が利くから。パスを出したら返ってくる。だからこっちもまた出す。全員がそのリズムでプレーしている。今まではちょっと苛々していたかな。ボールが戻って来んから」

――試合後はいつも苛々してた。最近はいい顔してるもんね。

「川崎に来て、点が取れているのは大きいよ。ストレスが溜まることがない」

――風間(八宏)監督のサッカーが攻撃的なのが功を奏している?

「風間さんは言葉の伝え方が人と違うというか、表現がうまい。キャンプのときからそうやった。面白い喩えをしたり、元々選手が知っていることでも分かりやすくて面白いから夢中になる」

――例えば?

「風間さんの本に載ってるらしい(笑)」

<次ページへ続く>

【次ページ】 「紙に書いておこう」と思わせる風間監督の言葉。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ