フランコ・バレージの名言 

今日の名言 

チームは完璧なマシーンと化していた。あれだけ高い次元のチームを再び作ることはおそらく不可能だと思う。

フランコ・バレージ(サッカー)

2013/12/01

ミランひと筋20年。世界最強と恐れられた時代を知るバレージは、1988-'89シーズンのチャンピオンズカップの決勝戦、ミラン対ステアウア・ブカレストの一戦が最も記憶に残っているという。「いま思い返しても『まるで奇跡のようだ……』と思わず呟いてしまうような凄い一戦だった。文字通り完璧なサッカーを世界中のファンに見せることができた。相手はいないに等しいと思えたほど、我々は意のままにプレーしていたように記憶している」

Number767号(2010/11/25)

ページトップ