Jリーグ万歳!BACK NUMBER

J1昇格プレーオフを巡る死闘90分。
アディショナルタイムに笑う者、泣く者。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/11/25 12:50

J1昇格プレーオフを巡る死闘90分。アディショナルタイムに笑う者、泣く者。<Number Web> photograph by Kyodo News

1-0で長崎を下した試合直後、声援に応える徳島ヴォルティスの選手たち。2005年にJリーグ入りしてからの悲願達成なるか!?

 2013シーズンのJ2最終節、J1昇格プレーオフへの出場権を勝ち取ったのは、京都サンガ、徳島ヴォルティス、ジェフユナイテッド千葉、V・ファーレン長崎の4チームだった。

 昇降格をめぐるレギュレーションは昨季と同様。J1の下位3チームが自動降格となり、J2の上位2チームが自動昇格、残り1つの昇格枠はJ2の3~6位によって争われるトーナメント「プレーオフ」の優勝者に与えられる。

 今季は第41節終了時点でガンバ大阪の優勝、ヴィッセル神戸の2位が確定し、ともに1年でのJ1復帰が決定。4枠のプレーオフ出場権争いは、京都の3位が確定したことで残り3枠となっていた。24日に行なわれたJ2最終節で注目を集めたのは、この3枠をめぐる5チームの争いである。

 4位から8位までの勝点差はわずか「3」しか離れていない。ひとまず得失点差を度外視すれば、この1試合で5チームの順位がいかようにも入れ替わり得る最終節となった。

<J2 第41節終了時点の順位>

1位 G大阪/勝点86(得失点差+53) ※優勝及び自動昇格が決定
2位 神戸/勝点80(+34) ※自動昇格が決定
----------------------------
3位 京都/勝点70(得失点差+23) ※プレーオフ進出が決定
4位 長崎/勝点66(+9)
5位 千葉/勝点65(+19)
6位 徳島/勝点64(+4)
----------------------------
7位 札幌/勝点63(+11)
8位 松本/勝点63(-1)

<第42節 対戦カード>

札幌(7位) vs. 北九州(16位)
松本(8位) vs. 愛媛(17位)
鳥取(22位)vs. 千葉(5位)
長崎(4位) vs. 徳島(6位)

 同時刻にキックオフを迎えた4試合のうち、最も早く動いたのは「鳥取vs.千葉」の一戦だった。

【次ページ】 鳥取、松本が先制し、前半が終了。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
京都サンガ
徳島ヴォルティス
ジェフユナイテッド千葉
V・ファーレン長崎
松本山雅FC
コンサドーレ札幌
森本貴幸
兵働昭弘

ページトップ