Web Original
格闘技コラム
photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO
格闘技PRESS

史上初3階級制覇と言うけれど……。
亀田興毅を手放しで祝福できぬ理由。

渋谷淳 = 文

text by Jun Shibuya

photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO

心揺さぶられる試合を亀田兄弟は実現できるのか?

 そういう意味で、亀田家は絶妙なマッチメークで現在の地位を築いたと言えるだろう。王座決定戦をうまく活用したのもしかり。若くてパワフルでパンチのあるボクサーを慎重に避け、技巧があっても非力だとか、名前があっても峠を過ぎている対戦相手を選んできたのは、ある意味で賢かった。

 ただ、そのような手法でタイトルを獲得できたとしても、互いの技巧と力がぶつかり合い、見ている者が手に汗を握り、心を激しく揺さぶられるような試合は、とても実現できない。3階級制覇という偉業のかかった試合にもかかわらず、この日の会場・さいたまスーパーアリーナはかなり空席が目立った。ファンに訴えかけるだけの試合ではなかったのだ。

 試合後の興毅は声を弾ませていた。

「今日は次のステップにむけて重要な試合になったと思う。もっと練習して、いろいろな国をまわって、いろいろな選手から吸収して強くなっていきたい。そしてもっとビッグファイトをして、もっといい試合を見せられるようにがんばりたい」

 いつの日かラスベガスのリングで、米国を拠点に活動する強豪たちと拳を交えたい。新王者はそのような夢も語った。

 志の高さが救いだと思いたい。

■関連コラム► スピードとスマイル。~6階級制覇、パッキャオの驚異~ (10/11/22)
► “歴戦の勇士”坂田健史は、なぜ亀田大毅に完敗したのか? (10/09/27)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
格闘技 トップへ NumberWebホームへ

格闘技PRESS バックナンバー

8万部突破! 『通訳日記 ザックジャパン1397日の記録』 大好評発売中。 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
高校野球での「パフォーマンス」どこまでOK?
ガッツポーズくらいはOK

 自身を鼓舞するようなものは許容してもいいと思います。本来ならばプレーそのもので最高のパフォーマンスを発揮してほしいと思い  …すべて読む

手許 不如意さん
2015/08/02 18:47
に投稿
高校野球での「パフォーマンス」どこまでOK?
ガッツポーズくらいはOK

プロ野球ではないのだから『見せる』ことは必要ない。 高校野球が生徒集めや学校名の売名の手段になっていることは苦々しく思う  …すべて読む

永遠に不滅さん
2015/08/02 17:26
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • Number PLUS「スポーツマンガ最強論」 好評発売中!
最新号表紙
883
7月30日発売
夏の甲子園 百年の青春。