フォトギャラリー

[バンクーバー冬季五輪/スピードスケート・女子チームパシュート 予選] メダル目前! チームパシュート、次戦勝利のカギ。 

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

photograph at2010/2/27

穂積雅子 小平奈緒 田畑真紀

韓国を圧倒。

 バンクーバー五輪最終盤でメダルの好機が訪れた。2月26日(現地時間)、スピードスケートの女子チームパシュート(団体追い抜き)で日本は、今大会のスケート競技で躍進著しい韓国を直接対決で下し、準決勝へと駒を進めた。

「韓国がいつも前半で飛ばして、後半で落ちてくることはデータで分かっていた」。リーダーの田畑真紀は語る。事前の分析に基づいた、冷静なレース運びが今回の勝因と言える。
 また、バンクーバーは過去の開催地であるトリノやソルトレイクシティと違って標高が低く、リッチモンド・五輪オーバルの氷は状態が良好ではないため、多くの選手が苦しんできた。
 田畑も「氷の溝にはまって転びそうになった」というが、力まずに滑り、無事予選を通過。W杯ランキング1位のカナダと2位のロシアがまさかの初戦敗退を喫し、ランキング3位の日本はメダルの可能性が高まる。それでも「何が起こるか分からないから」と彼女たちは気を緩めない。

 次戦の相手はランキング9位のポーランド。勝利のカギとなるのはメンバー編成だ。短距離型の小平奈緒がスピードを稼ぎ、長距離型の田畑真紀と穂積雅子が後半のペースを維持する。今回控えとなった15歳の高木美帆はオールラウンダーとして期待されている。
 そこで懸念されるのが小平奈緒のスタミナ。昨年のW杯では連日のレースで疲れが残り、終盤でラップを落としてしまった。今日の予選に続き、準決勝と決勝は明日。小平を温存して高木を投入するのか、それともこのままのメンバーで臨むのか、注目だ。
<< BACK 1 /4 NEXT >>

ページトップ