JリーグPRESSBACK NUMBER

柏の浦和対策が実ったナビスコ決勝。
J屈指の名将対決は、敬意とともに。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/06 10:30

柏の浦和対策が実ったナビスコ決勝。J屈指の名将対決は、敬意とともに。<Number Web> photograph by Getty Images

多くの主力を欠きながら、遂に浦和に勝利した柏・ネルシーニョ監督。カップ戦巧者ぶりを見せ、3年連続のタイトルを獲得した。

 11月2日、ナビスコカップ決勝終了後、監督会見でのことだった。柏レイソルのネルシーニョ監督の質疑応答は20分を超える長いものになった。

 報道陣の質問が一段落し、関係者が「そのほかのご質問はありますか? それでは会見を……」と会見を終えようとする中で、ネルシーニョ監督がさえぎるように口を開いた。

「ファイナルで勝ったチームがどうしても目立ってしまうんですけども、今日の相手となったペトロビッチ監督率いる浦和は、私のサッカー人生の中で一番難しいチームだと思っています。戦術や個人の質、それらを束ねて整理されたサッカーができている。彼の監督としての才能は素晴らしいと思いますし、彼らとともに日本サッカー界で仕事をできていることに誇りを持っています」

 この日、ナビスコカップを制したことにより、ネルシーニョ監督は'11年のJ1リーグ戦、'12年の天皇杯に続いて3年連続で「国内3冠」のいずれかを制したことになる。

ネルシーニョがマイクを置くと、自然に拍手が起きた。

「それぞれがチームのために戦術やゲームプラン、規律を重んじる気持ちを強く持っています。選手との信頼関係があれば、選手たちはミッションを実行してくれます」

 以前、ネルシーニョはこう言って自らのチームマネージメントへの自信を覗かせていた。そして言葉通り、柏を“勝てるチーム”に仕立てあげてきた。

 その名将が、相手であるペトロビッチ監督(以下、ミシャ)を称賛したのだ。

 あと一歩でタイトルを逃した相手指揮官に送った称賛に、会見場は軽い驚きに包まれ、ネルシーニョ監督がマイクを置くとともに自然と拍手が起きた。

 策士として知られるネルシーニョ監督の本心は定かではないとはいえ、ボール保持においてフォーメーションが可変する“ミシャ・スタイル”に頭を悩ませていたのは確かだろう。

 それはミシャが'12年に浦和の監督に就任して以降の、柏との対戦成績からでも推測できる。

【次ページ】 スタイルを貫き、柏を退け続けてきた浦和。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
柏レイソル
浦和レッズ
ネルシーニョ
ミハイロ・ペトロビッチ
槙野智章
大谷秀和
橋本和
鈴木大輔
キム・チャンス
谷口博之
藤田優人
工藤壮人
レアンドロ・ドミンゲス
阿部勇樹
柏木陽介

ページトップ