楽天の補強、どう評価する?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  東北楽天ゴールデンイーグルスが積極的な補強を進めています。星野仙一監督を招聘したことに加え、松井稼頭央、岩村明憲という2人の“元メジャーリーガー”を獲得。最下位からの逆襲を期すべく、強力な布陣が整いつつあります。
  豪華メンバーを次々と揃える楽天の補強、あなたはどう思いますか?

  ●非常に評価できる
  ●どちらかといえば評価できる
  ●あまり評価できない
  ●まったく評価できない

1-10件を表示 / 全65

すべて| 非常に評価できる| どちらかといえば評価できる| あまり評価できない| まったく評価できない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 岩村と松井を獲得し、クローザーの調査も進めている、というところまではよかったが、渡辺直人を放出した時点で全て台無しだと思う。

    正直言って、岩村と松井はどこまで活躍できるか未知数。年齢的にも先は長くない。それに岩村は、膝に大きな不安を抱えている。

    まして、星野は来年のチーム盗塁数を今シーズンの3倍にまで増やすと言っている。
    その状況で、4年で97盗塁を決めている直人を放出するなんてどうかしている。

    今回の補強は、ファン人気も高く、選手からの人望も厚かった直人を放出してしまった時点で、全て台無し。
    フロントも星野も、いったい何を考えてるのかと言いたい。

    ひっぽるとさん2010/12/16 00:35に投稿

    28
    そう思う!
  • ある意味、長嶋化しちゃってるんではないですか?星野さん。
    今更の2選手って感じしますけど・・・

    あれはミスターだから許されるのであって
    星野さんクラスで欲しがっちゃダメですよ。

    ShinzoHiltonさん2010/12/16 02:04に投稿

    25
    そう思う!
  •  一番大事な部分が欠落した補強ではないだろうか。

     岩村、松井もやや疑問。この二人にしたって内野のリーダーかつ大きな経験値を持ちこむというのなら片方でよかったのだ。そんな中で育ってきた選手の競争するムードに水を差す補強、そして渡辺直人の契約更改と来期選手副会長内定後の金銭トレード。生え抜きでファンからも選手からも厚い信頼と人気のある将来の精神的支柱をどうして簡単に出すのか。まるで補強した2人がスタメン確定のような言動。さらに外野陣に愛称募集と言っているが、今後数年1番に置けるはずの成長した聖澤の使い方もわからない。抑えも美馬など新人に任す危険性もある。

     層は厚くなったかもしれないが、地域密着を掲げるチーム方針には全くあっていない。補強も星野監督も失敗して最下位になった時にファンはたまらない。成績が悪くても来年頑張ろうとファンと誓える補強だったのか。私は誓える自信がない。

    savoさん2010/12/16 03:15に投稿

    25
    そう思う!
  • 主力内野手の渡辺選手の放出というドタバタをみると、チームの全体像を把握しての補強とは、到底思えない。
    星野新監督は、阪神監督に就任した際には、野村野球を継承しつつ、たりない部分を補いたいと言い、全野村監督も盛んにフロントに打診をしていた中軸を打てる打者として、金本選手と片岡選手を獲得した。今回も野村野球が少し浸透しつつあるチーム(間にブラウン監督が1年指揮を執ったものの)だけに、星野監督の補強には、注目をしていたが、今回は、楽天というチームを全く把握しないまま、名前だけで大物を取りに行った感じ。

    主力選手が契約更改の席で、続けざまに涙するという異常事態を招いている点から見ても、「チーム」を全く把握している人間がいない中での補強としか思えない。オリンピックの戦犯と言われた田淵氏といっしょに野球をやりたいという感覚では、年よりの冷や水のようなもの。

    真剣に応援しているファンが可愛そう。

    kurasamaさん2010/12/16 16:44に投稿

    25
    そう思う!

  • ピンポイントの補強じゃない

    左の先発とクローザーがなにより早急に必要なはず

    岩村も松井も確かに日本でプレーしていた時はすばらしすぎる選手だったのに
    楽天に入団したニュースを聞いても全く気持ちがワクワクしてこなかったのに
    直人がトレードになったニュースを聞いた時の空虚感・・・・それが答えなような
    気がする

    直人に限らず、宮出も憲史も出して誰の意向かは分からないけど楽天の選手を見る目は
    センスないと思う!

    keisimakiさん2010/12/16 01:39に投稿

    20
    そう思う!
  • 僭越ながら、ただただ星野仙一は成長していないと、客観的に見るいち野球ファンの立場から感じてしまう。

    結局、星野采配は長期決戦向きで短期決戦に向かない。中日、阪神、そして北京でもその傾向は如実に現れている。ある程度計算のおける大物を獲得しては選手層を増し、あとはゴールまでムチをふるいまくる(時にアメを与えつつ)同じやり方なら良くてリーグ優勝。先が見えている。

    さて、時代は皮肉にもCSに重きを置いた短期決戦時代。岩隈投手が出戻った「タナボタ」で嬉しい誤算(←短期決戦に有利!)ネームバリューでは他球団に肩を並べるところまで来た。ところが、大失敗と言われる渡辺直の放出。でも実はこれも計算ずくな気が。この時期に血の粛正は無理だから、あえて1人を見せしめにしたのだろう。人望のある彼が放出されるぐらいだ、とナインの手綱を引き締めたのだと思う。

    結論=星野氏の成長という観点からは評価できない。

    taroxさん2010/12/16 15:28に投稿

    16
    そう思う!
  • 渡辺直人をトレードに出したことで「やっぱりこの球団はファンのことは気にしていない」と思った。悪い意味ではなく、何か(勝利)を達成するための補強は当たり前。星野さんが監督になった時点で分かりきっていたことだし。渡辺直人の放出については、アテにしていた岩隈マネーが入らないという事態が招いたものと見るのが普通と思う。

    ただ、楽天球団は野球をビジネスとして成り立たせるには、「とにかくいい選手を取りたい」という星野さんとビジョンは合わないはず。星野さんは「勝つのに金がかかるのは仕方がないだろ」という考え。ま、楽天がやりたいことと、星野さんがやりたいことは最初からズレているわけ。もちろん、楽天の選手やファンと球団のビジョンもそう。

    選手やファンからすればファミリー的な色合いが強いのだろうけど、勝つには何かを得て何かを捨てなきゃいけない。この補強は星野さんの観点ではある程度評価していいと思う。

    ichigekiさん2010/12/16 12:56に投稿

    15
    そう思う!
  • ある意味、プロスポーツとしてのシビアな部分が今回の楽天にはあります。
    松井・岩村の獲得の裏には生え抜きである渡辺の放出がありました。
    渡辺の放出には同情のコメントが多いですが、一方メジャーリーグでは終身雇用はほぼないに等しい状況です。
    今オフのジーターの契約問題が良い例です。あのスーパースターですら切られそうだったのですから・・・
    楽天本社が社内公用語を英語にするなど、グローバルな動きの中、野球もプロスポーツなのですから雇用解雇に関してはドライでいいと思います。
    トレードなどでいろいろな選手が活躍すればニュースターがたくさん生まれて楽しいと思います。

    しかし、アメリカ人と日本人は違います。
    いち日本人として、渡辺の放出は切ない、いち野球ファンとして松井・岩村の獲得は大いに楽しむべき出来事でした。

    takatakatanさん2010/12/16 10:29に投稿

    14
    そう思う!
  • 直人放出を否定的に捉える人が多すぎると思う。
    岩隈の資金繰りの為に放出したのだと思うけど、もし岩隈に払う3億が捻出出来なかったら、岩隈がトレードに出されていたかもしれないのに・・(おそらく先発右腕不足で資金力のあるソフトバンクあたりに)
    今年最下位だった原因は直人の不調にもあったのだから、内野の補強をするのも当然だと思う。
    岩村、松井稼、岩隈、田中にベストナインの嶋もいる、来シーズン実力を発揮してもらって、球団運営がどーのこーの言ってる人を黙らせてほしい!
    あと直人も頑張れ!

    ちょさん2010/12/16 01:03に投稿

    8
    そう思う!
  • いいんじゃないでしょうか!?
    岩村に松井(稼)、ワクワクしますねぇ。
    監督も変わった事だし、低迷していた今シーズンから上位を目指すなら補強するのは当然です。

    個人的には、楽天は野球をビジネスと捉えていて商売になればいいと言う考えだと思っていたので
    今回の積極的な補強には賛成です。しかもお客さんも呼べる選手が増えて楽天には好都合ではないでしょうか。

    来シーズンのパリーグも楽しみです!

    samuraijpnさん2010/12/16 01:34に投稿

    8
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ