プロ野球亭日乗BACK NUMBER

短期決戦の諸刃の剣“絶対エース”。
楽天・田中、広島・前田の崩し方。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/10/16 14:00

短期決戦の諸刃の剣“絶対エース”。楽天・田中、広島・前田の崩し方。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

10月12日に行なわれたCSファーストステージ初戦でも阪神を7回1失点に抑え、突破の原動力となった広島の絶対エース・前田健太。

 短期決戦はたった一つのプレーや一つの勝ち負けでガラッと流れが変わってしまう。

 昨年、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを勝ち上がった中日は、巨人を相手にいきなり3連勝。日本シリーズ進出に王手をかけながら、第4戦の継投ミスで一気に勢いを失い、そこから3連敗で敗退していった。

 今年の両リーグのファイナルステージも、開幕前の時点で勢いがファーストステージを勝ち上がってきたロッテと広島にあることは明らかだ。

 両チームがその勢いを保ったままに4勝して、日本シリーズまで駒を進めるのか。それとも待ち受ける楽天と巨人が、どこでどうその勢いを止めて、自分たちの流れに引き込んでいくのか。シリーズを制するポイントはそこにあるわけだが、そのカギは楽天・田中将大、広島・前田健太という“絶対エース”がマウンドに上がる試合となるだろう。

24連勝の田中将大、唯一の弱点は3回までの序盤戦。

 開幕から24連勝と負けなしでレギュラーシーズンを終えた田中は、10月17日のファイナルステージ初戦(Kスタ)に満を持して登板する。

 今季は連勝記録だけでなく、防御率は1.27、WHIPに至っては0.94と内容的にも抜群。田中と対戦したチームは1試合で2点をとるどころか、1イニングで一人の走者を出すのも至難の業ということをデータが示している。しかし、実は付け入るスキがないわけではない。

 それは、どの投手も抱える立ち上がりの不安定さは、田中とて例外ではないということだ。

 田中の今季総失点は35点だが、1回に4失点、2、3回が各8失点と、3回までの序盤にほぼ3分の2の20点を失っている。

 しかもレギュラーシーズン最後の登板は10月8日で、ファイナルステージ初戦に登板するとして中8日。通常の中6日より間隔が空いたマウンドということになる。もちろんポストシーズン初戦の緊張感もある。要は連勝記録を作ってきたいつもの環境とは違うマウンドになるのは確かなのだ。

【次ページ】 堅い1点より、大量点で田中を“潰せる”か。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大
前田健太
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ