ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

ヴェンゲルの心は折れていないか?
~『ヴェンゲル・コード』を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2013/10/14 08:00

ヴェンゲルの心は折れていないか?~『ヴェンゲル・コード』を読む~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方』 リチャード・エヴァンズ著 東本貢司訳 カンゼン 1980円+税

 金に支配される人生なんてまっぴらだと誰もが思っている。だが、現代に暮らす誰もがそのシステムから抜け出せないように、アーセン・ヴェンゲルも自身の哲学とお金の間で揺れ動き、身悶える、一人の男なのだ。

 当時の英国フットボール界に欠けていた戦術やトレーニング法、選手管理のマネジメントを徹底し、素晴らしい最初の9年間を過ごしたアーセナルのヴェンゲル監督。そのメソッドは、彼の「コード(法典)」と呼ばれた。

 だが、ボスマン判決以降、サッカー選手は最も待遇のよいチームを渡り歩く流浪の職業となる。オイルマネーが流入し、フットボールの大部分はマネーゲームの様相を呈するように……。結果、彼にとって次の8年間はトロフィーとは無縁の暗黒時代が訪れた。

「あと一歩足りない」アーセナルへの情熱と憤懣。

 本書は、J・マッケンローの評伝などでも知られる著者が、近年の健闘しながらも「あと一歩足りない」自発的に不運な道を辿るアーセナルについて綴ったものだ。不条理な情熱と、切実な未練がましさを傍らに置きながら。そう、彼のような熱狂的なグーナーである程、現在のアーセナルには我慢がならないのだ。

 日々高まるサポーターの憤懣。そして、マエストロはメスト・エジルに大枚をはたいた。ヴェンゲルのコードは、折れ曲がってしまったのか、それとも柔軟さを身につけたのか?

 答えは、シーズン後のトロフィー陳列棚を見てみるしかない。

関連コラム

関連キーワード
アーセン・ベンゲル
アーセナル

ページトップ