フォトギャラリー

[バンクーバー冬季五輪/フィギュアスケート女子シングル] 浅田真央が達成したこと、できなかったこと。 

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

photograph at2010/2/25

浅田真央

偉業を果たし、勝負には負けた。

「トリプルアクセル」は浅田真央が小学6年生で初めて成功させて以来、彼女の代名詞となってきた技だ。現在、女子でこの技をプログラムに取り入れている選手は他にいない。体が成長するにつれて変化する身体感覚に苦しみながらも、こだわりを持って跳び続けてきた。今季はその得意技の失敗を繰り返したが、本番にはキッチリと間に合わせて、SPで1回、フリーで2回成功という五輪史上初の快挙を成し遂げたのだ。

 彼女のこだわりは一見すると非合理的にも思える。かつてトリプルアクセルの習得を目指してきたキム・ヨナは、現在の採点方式で高得点をとるのには不要と考えてこの技の習得を放棄している。トリノ五輪で4回転ジャンプに失敗した安藤美姫も、こだわっていた自分のその持ち技を捨てた。男子でも4回転ジャンプを跳ばなかったライサチェクが王者となっている。近年の採点傾向を考えると不利ではなかったか。
 しかし彼女は挑戦した。「挑戦をあきらめてしまうと、それだけで弱気になっちゃうから」とかつて語ったように、退くことを知らない不屈のアスリートの姿がそこに見える。その姿勢が良いのか悪いのかは、結果だけで判断するべきではない。少なくとも、そのアスリートの魂は見る者に感動を与えるのだから。

 今回、その「こだわり」は達成したが、勝負には負けてしまった。「納得していない」と語るこの19歳のアスリートに、また新たな課題ができたということになる。来月には世界選手権が待っている。不屈の魂を持つ彼女が、これからどんな快挙を見せてくれるのか、これからも見守っていきたい。

ページトップ