スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

Rソックス、リーグ優勝決定戦へ!
鍵は「ボス・上原」と「出塁率」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2013/10/11 10:30

Rソックス、リーグ優勝決定戦へ!鍵は「ボス・上原」と「出塁率」。<Number Web> photograph by AP/AFLO

野手陣、投手陣から慕われる上原は、もはやチームの中心。ワールドシリーズが見えてきた。

 上原浩治がレイズの主砲、エバン・ロンゴリアを三振に切ってとり、ボストン・レッドソックスが第一関門を突破した。

「クセ者」であるマドン監督率いるレイズを退けたのは非常に大きい。ディビジョン・シリーズは5回戦制だから、流れがどちらかのチームに傾くと、総合力で劣るチームであっても勝ち抜ける場合がある。

 事実、タンパベイで行なわれた第3戦、第4戦はレイズが流れを引き寄せていた。特に第3戦、伏兵・ロバトンが上原からサヨナラ本塁打を放ったときは「これは第4戦をレイズが勝ったりすると、どうなるか分からんな」と正直、思ったほどだ。

 嫌な流れを断ち切れたのは、やはりレッドソックスの総合力が上だったから、ということになる。

レッドソックスの強さを支える高い出塁率。

 レイズとのシリーズで際立ったのは、出塁率の高さである。

●レイズとのシリーズでの、レッドソックス野手陣の打撃成績
  ポジション 打率 出塁率 長打率
エルズベリー CF .500 .526 .611
ビクトリーノ RF .429 .556 .429
ペドロイア 2B .235 .211 .294
オルティーズ DH .385 .556 .923
ナポリ 1B .154 .353 .231
ナバ LF .200 .429 .200
サルタラマッキア C .300 .364 .400
ドリュー SS .133 .133 .267
ミドルブルックス 3B .231 .375 .308

 第4戦のオーダーに即して見ていくと、特に1番エルズベリー、2番ビクトリーノ、4番オルティーズは5割を超えている。上位打線でこれだけランナーをためられれば、得点機会は大きく膨らむ。

 さらに下位打線でも、6番を打ったナバも出塁率は4割を超える。彼は相手が右投手の時に先発する「プラトーン要員」だが、レギュラーシーズンから見ていると、まだ若いのに打席での冷静なアプローチが光る。

 これはマイナーからしっかりと育てていないと身につかない類のものだ。レッドソックスのマイナーでの育成システムがしっかりしていることが分かる。

 まだ4試合でサンプル数が少なく、数字の意味合いは薄いが、ポストシーズンというアドレナリンが必要以上に出る時期、打席で冷静な対応を見せるレッドソックスの選手たちは手ごわい。

 なぜなら、四球を選ぶという行為は、本人の「性質」と、球団の「教育」の組み合わせが大きく影響する。

 リーグ・チャンピオンシップ・シリーズ以降も、レッドソックスは抜群の出塁率で得点機会を作り出すはずだ。

【次ページ】 クローザーを務める上原は、ブルペンのボス。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ボストン・レッドソックス
上原浩治
タンパベイ・レイズ
ジョン・マドン
デビッド・プライス

ページトップ