SCORE CARDBACK NUMBER

検量違反で垣間見えた、
“弱腰外交”と馬の力量。
~エリザベス女王杯に残る謎~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byMasakazu Takahashi

posted2010/12/16 06:00

検量違反で垣間見えた、“弱腰外交”と馬の力量。~エリザベス女王杯に残る謎~<Number Web> photograph by Masakazu Takahashi

 1キログラムで1馬身違う、というのは根拠の薄い俗説だが、競走馬がレースで背負う負担重量に格別な意味があるのは世界共通の認識。だからこそ、年齢や性別、あるいは生産国(南半球産馬は生まれが半年遅いことを考慮される)で国際的にアローワンス(体力的な差を埋める基礎ハンデ)が定められている。騎手の名前のそばになにげなく置かれている小さな数字は、実は相当な影響力を持っているのだ。

 検量システムは実に厳格。だからこそ騎手は負担重量に収まるための節制をして、時には常人には考えられないような減量にも挑む。レース前、騎手は馬に装着する鞍を抱えて秤に乗り、足りなければ鉛の板を持たされて調整されるし、オーバーならその程度によっては騎乗者の変更を命じられることだってある。さらには後検量。7着までに入線した馬に騎乗していた騎手に発生する義務で、万が一前検量のときとの重量差が1キロを超えたら(馬の発汗などで増えることはあり得る)失格処分になる。検量委員の目の届く所に鞍を外す場所も定められており、絶対に不正が起こり得ない制度が世界中の競馬場で確立されているのだ。

フジテレビ系列で全国生中継された問題のシーン。

 と思っていたら、先日のエリザベス女王杯で不思議な事件が起きた。日本の3冠牝馬アパパネの存在も霞むほどの強さを見せたスノーフェアリーが、定められた脱鞍所の遥か手前、芝コース上でムーア騎手が馬から下り、外した鞍を抱えてしまったのだ。それはフジテレビ系列の映像で生中継されていて、駆け寄ってきた調教助手が鞍から腹帯のようなものを抜き取ってスーツのポケットにしまい込むシーンまで全国に放送された。

 当然問題になったわけだが、JRAの裁定は厳重注意処分。スノーフェアリーが規定よりも軽い斤量で走ったわけではなく、関係者にも悪意はなかったからという説明だが、それはどうだろう。ムーア騎手が54キロに定められた馬装では前検量をパスできていたかどうか。後検量でつじつまを合わせるために細工をしたのではないか、という疑念は晴れないままだからだ。こんなところでもニッポンの外国に対する“弱腰”が見えた気がした。

 それにしても、規定よりも重い斤量を背負っていながら(?)圧勝した馬の強さには、ただ恐れ入るしかない。

■関連コラム► 松田博師がスミヨンを信じる訳とは? 改めて日本最強を問うブエナ陣営。
► 三冠の舞台裏で渦巻いた誹謗中傷。エリザベスへ向け飛躍するアパパネ。

関連キーワード
エリザベス女王杯

ページトップ