2010年最大のスポーツ・ニュースは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  “2009年最大のスポーツ・ニュースは?”と問いかけてからちょうど1年。
  今年もまた、みなさんにお尋ねしたいと思います。
  この1年、スポーツ界をにぎわす様々な出来事がありましたが、あなたにとって、2010年最大のスポーツ・ニュースは何でしたか?

●朝青龍の電撃引退(2月)
●バンクーバー五輪、浅田真央がキム・ヨナに敗れ銀(2月)
●欧州CL、インテルがバルサを撃破(4月)
●日本代表がW杯ベスト16(6月)
●W杯、スペインが悲願の初優勝(7月)
●白鵬、史上2位の連勝記録(9月)
●イチローが10年連続200本安打(9月)
●斎藤佑樹世代がドラフトに(10月)
●ロッテが3位から日本一(11月)
●女子世界バレーで32年ぶりのメダル(11月)
●キム、石川、池田の賞金王争いが白熱(12月)
●その他

1-10件を表示 / 全50

すべて| 朝青龍引退| バンクーバー五輪で浅田が銀| CLでインテルがバルサ撃破| 日本W杯ベスト16| スペインW杯初V| 白鵬の連勝記録| イチロー10年連続200安打| 斎藤佑樹世代のドラフト| ロッテが3位から日本一| 女子世界バレーの銅メダル| キム、石川、池田の賞金王争い| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • まぁ世間的にも普通に考えたらコレになるでしょう!

    世界最大のスポーツイベントでのベスト16進出は、日本にとってだけでなく世界に対しても大きなアピールになったハズ!
    全世界の何十億人に対して、日本の健闘を見せつけられたのは誇らしいですね。

    本当はスペイン優勝がもっと大きいけど、あえてコチラを選ばせて頂きます!


    野球や相撲なんかは、アメリカ、日本国内って意味では、残念ながら小さな出来事って感じかなぁ・・・。

    PATさん2010/12/09 10:42に投稿

    20
    そう思う!
  • 最大となると世界最大のスポーツの祭典のオリンピックと言いたくなるが、参加国数などで圧倒的に上回るW杯に一票いれたいです!

    自国開催でないW杯で予選リーグをを突破し決勝トーナメントに行った日本代表の活躍は日本スポーツの歴史の一つとも言えるでしょう。

    その後の選手の海外移籍が活発になった原因になったのは言うに及びません。
     
    さらに長年優勝候補に上げられていたスペインが優勝したことも記憶に新しいです。

    また、誤審問題など今後の大会にも影響を与えるであろうハプニングも多かった大会です。

    最後に一番大会を盛り上げたのは、アルゼンチンのマラドーナと一言付け加えさせて下さい!

    Gacky14さん2010/12/09 00:38に投稿

    20
    そう思う!
  • 斎藤祐樹世代という言葉には疑問が残りますが、野球好きの私としては、
    斎藤佑樹のプロ野球入りが今年のスポーツシーンを締めくくるにはいと思います。

    文頭にも書きましたが、「斎藤世代」「ハンカチ世代」という言葉は4年前で死語になるべきものです。
    この4年間の間に同世代の田中(楽天)、前田(広島)、坂本(巨人)がタイトルにも絡んでくるような超一流に育ちつつあります。
    そんな選手がひしめく中、4年前の甲子園において彼らを破り、頂点君臨した斎藤選手がどのように立ち向かうのか・・・・・
    想像するだけでわくわくします。
    実力は未知ですが、話題に添うだけの実力を見せてもらいたいと思います。
    それ以上にドラマティックでエキサイトする試合を見せてほしい!!!

    試合内外での話題を大いに期待します!

    takatakatanさん2010/12/09 11:41に投稿

    19
    そう思う!
  • 全く期待できなかっただけに最大の驚き。

    直前の戦術変更に対応できた選手のポテンシャルの高さを見せてもらった。
    正しい戦い方と全員の共通認識を持って挑めば道は拓けることを証明してくれた。

    ただベスト8にいける最大のチャンスを逃したのは勿体無かった。
    試合中に選手を鼓舞し、勇気を与えられる監督であれば更に上に行けたかも?

    acmさん2010/12/09 09:29に投稿

    18
    そう思う!
  • 望外の結果といっていい日本のベスト16です。私はオシムが倒れた時点で期待はできませんでした。岡田サンの(某サッカー番長風に)サッカー、人選に疑いの目を向けていたし、今年に入ってからの惨敗の数々に今年のワールドカップは終わったと思っていました。ところがいざ蓋を開けてみれば、A代表としては最高ともいえる結果を残しました。しかもチームとしても一体感が感じられ、魅力のある代表でした。但し、とても4年間熟成された結果とはいえない(ワインでいうボジョレー・ヌーボーみたいなもの)し、このサッカーがこれからの日本のスタンダードになるとは思えないし、したくない。もっとアグレッシブなサッカーを見たかったのも本音です。でも、一言言うなら「岡田監督ゴメンなさい。」

    ひいさん2010/12/09 01:30に投稿

    16
    そう思う!
  • 「世界に対するアピール」と「今後への好影響」という意味で、「W杯ベスト16」がNo.1だと思います。

    まず、完全アウェーで初めてのベスト16進出を果たしたこと。これはよくて「アジア弁慶」だった日本のサッカーが、世界に与えた大きなインパクトでした(予選リーグでの日本の戦いぶりを賞賛する海外のメディアも多かった)。

    しかしこれ以上の収穫は、監督・コーチそして選手たちが、「世界の強豪チームともビビらずに戦える」という自信を得たことだと思います。「堅守速攻」で2勝、準優勝のオランダとも接戦。「ディフェンスをしっかりやれば、どんな強豪とでも勝機は見出せる」という手応えを得たことは大きかったでしょう。

    欲を言えば「攻め味にやや乏しい」ことが不満でしたが、アルゼンチン戦・韓国戦で、ザックジャパンがより攻撃的な「トータルフットボール」を志向していることが見て取れました。いい流れができていますね!

    Dukepanさん2010/12/11 06:02に投稿

    14
    そう思う!
  • 世界一の環境で世界一の記録。 文句ないでしょう。

    いや、日本球界が劣っているということを言ってるわけではありません。経済規模や多国籍性、視聴者数、人気からすれば、今のところまだメジャーは格上なところが多いと思います。ましてやイチローは、日本でもメジャーでもトップの成績を収め続けてきたわけですから、リーグの優劣以前に、イチローという個人そのものが世界一であることに、疑問の余地はありません。

    驚きも10回目になると感慨が薄れ、海の向こうの出来事でいささか過小評価な感は拭えませんが、客観的にみて全スポーツ含めても3傑に入る程の偉業でしょう。アメリカが日本人を認めざるをえない実績は、これまで幾多の日本人アスリートを世界へ向かう契機でもありました。

    彼の言動に好批評が入り乱れるのも、もはや実績に文句のつけようがない証。ベースボールの枠組みを超え、孤高・至高のアスリートです。

    strike-2さん2010/12/09 08:25に投稿

    14
    そう思う!
  • 今年はW杯ベスト16でしょ!!
    あの本田のFKは未だに見ても感動します!!
    今年の流行語大賞は「ゲゲゲの~」でしたがどう考えても今年の流行語大賞は「ブブゼラ」でしょ(笑)

    みやもさん2010/12/09 12:50に投稿

    12
    そう思う!
  • 直前でのチーム状態を考えると、
    一次リーグ敗退と大半の人たちが
    思っていました。解任騒動もあって、
    岡田監督もチームもいい意味で
    開き直ったのがよかったのではないでしょうか。
    直前で、批判されなければ
    ここまでの成績は残せなかったと思います。

    せとっちさん2010/12/11 11:13に投稿

    12
    そう思う!
  •  興南高校の春夏連覇。
     横浜高校以来の6校目となる連覇はまさに快挙だと思います。毎年チーム作りが変わる高校野球で、また、各チームレベルがあがる中での快挙。久しぶりに達成されたという意味からも素晴らしいニュースだと思う。
     島袋のピッチングは圧巻でしたし、打線も爆発。何より精神的な強さはあっぱれでした。チームとして完成された強さだったと思います。
      
     選択肢の項目はもちろんどれもビッグニュースだと思います。イチローの200本は当たり前のように思われる中で、10年の積み重ね。今年というよりもイチローの凄さは毎年感服させられる。W杯もある意味サプライズ。白鵬も強かったし、女子バレーも久しぶりのメダルでした。
     今年もいろいろありましたね。来年もいいニュースを期待したい。

    たったこさん2010/12/09 10:08に投稿

    9
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ