スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

最高の出塁率と、最少の犠牲バント。
打線の「我慢強さ」で楽天・初優勝! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/09/27 11:55

最高の出塁率と、最少の犠牲バント。打線の「我慢強さ」で楽天・初優勝!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

優勝に感情を爆発させる楽天ナイン。「我慢強さ」の陰には、チームの雰囲気の良さがあったのかもしれない。

 楽天の初優勝、その要因として考えられるのが、「我慢強い」ことである。

 これはなにも精神面の話ではない。

 選手が打席に立った時に、英語でいうところのdiscipline(規律)がしっかり守られ、ストライクとボールの見極めが出来るようになったことが大きい。

 ブラッド・ピット主演で話題になった『マネーボール』的な発想に従うなら、野球で点を取りたいならば、

・とにかく塁に出る
・アウトになるリスクを冒さない

 この2点が非常に重要である。

 まず、「アウトになるリスク」から考えてみよう。

 野球で、わざわざアウトになるプレーとして、代表的なのが犠牲バントである。楽天は犠牲バントがリーグ1少ない。ここまで106個しかなく、トップの日本ハムが139個ということを考えれば、かなり少ないことが分かる。星野監督が、アウトが確実に増えるリスクを減らして選手にどんどん打たせる、あるいは犠牲バントを選択するよりも、ボールの見極めをしっかりとさせる方を優先させたことがわかる。(数字は全て9月26日現在。以下同じ)

 この数字は、今季の楽天の特徴といえる。

高い出塁率を支える、パ・リーグトップの四球数。

 そして、出塁率。

 塁に出られるのなら、ヒットでも四球でも構わない。そこに価値の差はないという考え方は、いまや革新的なものから、常識へと進化した。

 今季の楽天の場合、出塁率がトップなのだ。

パ・リーグ6球団 '12、'13シーズンの出塁率と四球数
  '12年の出塁率 '13年の出塁率 四球数
楽天 .307 .339 451
ロッテ .320 .329 406
ソフトバンク .304 .337 407
西武 .316 .327 442
オリックス .301 .322 386
日本ハム .315 .327 438
※9月26日現在

 出塁率を支えているのが四球数で、楽天が選んできた四球の数、451個はパ・リーグではトップの数字である。

 今季、統一球の反発係数が高くなり、打撃成績が飛躍的に向上している影響もあって、昨季と今季の各チームの出塁率を比較すると、各チームとも数字を伸ばしている。

 打者としては「今年は飛びやすくなった」という前向きな気持ちがあり、どちらかというと、どんどんバットを振っていくことが目立ったが、そのなかで楽天の打者の我慢強さが光った。

【次ページ】 2人の外国人と、個性的な発想で組まれた打順。

1 2 NEXT
東北楽天ゴールデンイーグルス
星野仙一
アンドリュー・ジョーンズ
ケーシー・マギー

ページトップ