メディアウオッチングBACK NUMBER

鹿島アントラーズが
試合中継の制作に参画。
~スタジアムを地域の発信拠点に~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKASHIMA ANTLERS

posted2010/12/02 06:00

鹿島アントラーズが試合中継の制作に参画。~スタジアムを地域の発信拠点に~<Number Web> photograph by KASHIMA ANTLERS

ロッカーの出口に天井吊り下げ型のリモートカメラを設置。また、スタジアム内無線LANを利用し、気になるプレーをプレイステーション・ポータブルで確認できるサービスも

 Jリーグとの放送権契約を結ぶスカパー!の委託を受け、鹿島アントラーズが今季、リーグ戦ホームゲームの中継制作に参画していることをご存知だろうか。

 Jのクラブが中継の制作業務に携わるのは初めてのケース。基本的にはスカパー!の放送フォーマットに沿った制作となっているものの、随所に“鹿島オリジナル”が加えられている。

 注目を集めた名古屋グランパスとの1、2位対決(11月7日)からは、カメラの台数がJリーグ中継で水準レベルとされる6台から日本代表戦並みの10台に増やされた。大型ビジョン上のリモートカメラでスタジアム全体を捉え、ゴールシーンの迫力を伝えるために両ゴール裏にもカメラが置かれた。

 他の中継でお目にかかれないのがロッカールーム出口に取り付けられたカメラからのアングルだろう。アントラーズの歴史を辿る装飾された壁面をバックに選手たちがロッカーを出てピッチに向かう様は、欧州リーグばりの演出である。

将来的には、カメラの台数を欧州のトップクラブ並みに。

 鹿島はスカパー!が放送権を獲得した2007年の時点で、中継制作への参入を計画していたという。'09年からスカパー!内で他のクラブより先駆けて自主制作のクラブ番組「アントラーズリポート」を手掛けたのは、中継制作にこぎつけるための実績づくりでもあった。鹿島の現状をドキュメントタッチで描くこの番組が高い評価を受けたことで、念願叶って中継制作を任されることとなったのだ。

 鹿島の鈴木秀樹取締役は参入1年目を無難にこなしたことで、次のステップを視野に入れる。

「我々の手でサッカーの面白さ、アントラーズの魅力を伝えて、カシマスタジアムにぜひ行ってみたいとファンの方に思ってもらえることが一番の目的です。委託を受けて制作しているのでミスをしない中継を心掛けているが、スタジアムの独特な雰囲気や、選手個々のプレーの特徴など我々がファンにきちんと見せたい部分を、今後はもっと伝えていくことができればと思っています」

 スタジアムの至るところに固定カメラを設置できるのは、鹿島がカシマスタジアムの指定管理者であるためだ。自分たちで運営できるスタジアムでなければ、自由にカメラを取り付けることはできない。スタジアムを所有する茨城県の委託を受けて'06年から5年間の運営を任され、その実績が認められて来年から10年間の更新が承認された。鈴木氏は将来的に、カメラの台数を欧州のトップクラブ並みに増やしていくという意向を示している。

【次ページ】 スタジアムに放送設備を導入したもうひとつの意味。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
鹿島アントラーズ

ページトップ