フォトギャラリー

[広州アジア大会2010] それぞれのアジアNo.1を求めて~陸上、サッカーから囲碁、カバディまで~ 

photograph byPHOTO KISHIMOTO

photograph at2010/11/25

福島千里
  過去最大規模となる45の国と地域が参加して行われた広州アジア大会が、16日間にわたる熱戦に幕を閉じた。日本の金メダル獲得数は目標の60個に届かず48個。“スポーツ大国”への成長を感じさせた中国の199、韓国の76に大きく水を空けられ、3位となった。
  2014年のロンドン五輪に向けて様々な課題を残した今大会だが、サッカーの男女ペア金メダルや、陸上では福島千里の2冠達成などの快挙もあった。また、カバディなど五輪種目ではない競技や、チェスや囲碁など、通常の“スポーツ”大会では目にすることのない競技も多数行われ、大会を彩り豊かなものにした。
  写真は、100メートル、200メートルの2冠を制した福島千里。日本女子の100メートルでの優勝は44年ぶり、200メートル優勝は28年ぶり、2冠は日本人史上初となる快挙だった。タイムはそれぞれ11秒33、23秒62。
<< BACK 1 /8 NEXT >>

ページトップ