欧州サムライ戦記BACK NUMBER

内田篤人、「ポロッと」CL初得点。
シャルケを救った“嬉しくない”ゴール。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph bypicture alliance/AFLO

posted2013/09/19 12:00

内田篤人、「ポロッと」CL初得点。シャルケを救った“嬉しくない”ゴール。<Number Web> photograph by picture alliance/AFLO

悪い流れを断ち切るゴールを生んだ内田は、チームメイトに手厚い祝福を受けた。内田がチームを救ったのだと、誰もが感じていたに違いない。

 CLに簡単な試合などない。

 それはたぶん、真実だ。でも、グループステージ突破を目標に課されたチームには、絶対に勝たなければいけない試合がある。

 UEFAのクラブランキングで14位のシャルケが、54位のステアウア・ブカレスト(ルーマニア)をホームに迎えた9月18日のグループステージ第1節は、そんな試合だった。

 実際、シャルケは良い形で試合に入っていった。

 9分に相手ペナルティエリア内で内田がボールをカットすると、シャライがシュートを放ちGKの正面をついた。14分には内田のクロスをファーサイドでボアテンクがヘディングシュートもGKに阻まれた。

 しかし、こうした良い流れの中からゴールが奪えない。

 31分、ステアウアのタナセがチーム初のシュートを放つと、シャルケのGKヒルデブラントはかろうじてこれをはじいた。

 ここからステアウアが少しずつ、攻撃の時間を増やしていく。序盤のシャルケの勢いは消え、互角の戦いが繰り広げられる中で試合はハーフタイムを迎えた。

徐々に敵チームの攻勢が増していく中で、内田は……。

「まぁ、後ろの選手は耐えるだけですからね。(ブンデスリーガで)2試合連続で無失点だったし。自由にさせたら(相手チームに)良い選手がいますからそこは気をつけました」

 そう語った内田は、0-0で迎えたハーフタイムのロッカールームの雰囲気も「静かだった」と記憶している。

 後半に入ると、さらに流れが相手に傾いていく。

 後半9分、相手のCKからのシュートはゴールライン上で内田がかろうじてクリアしたが、後半17分にもエリア内右サイドで相手FWポパをフリーにしてしまい、強烈なシュートを打たれた。これは左にそれていったものの、シャルケが後手に回るようになっていた。

 シャルケの中盤の底と、前線の選手たちとの距離が開いていたため、相手が攻撃に来ても思うようにプレッシャーがかけられない。

 守備がはまらないから、良い攻撃も望めない。

【次ページ】 後半22分。内田が決めた不思議なゴール。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
シャルケ
内田篤人
ステアウア・ブカレスト
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ