リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

121億円? それとも134億円?
不透明なベイル移籍と不穏な余波。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byMarcaMedia/AFLO

posted2013/09/17 10:30

121億円? それとも134億円?不透明なベイル移籍と不穏な余波。<Number Web> photograph by MarcaMedia/AFLO

昨季プレミアMVPの実力に疑問の余地はないが、リーガでの真価は未知数。チームに漂う不穏な空気を吹き飛ばすパフォーマンスを見せることができるか。

 前回に続いてお金の話である。

 遂に獲得したベイルの移籍金をマドリーは9100万ユーロ(約121億円)と発表した。一方で、売った側のトッテナムはそれより1000万ユーロ(約13億円)多い1億100万ユーロだとしている。

 契約期間は6シーズン。その間の年俸は、マドリーによると600万ユーロ(約8億円)だが、ベイルの代理人は1100万+インセンティブ200万の計1300万ユーロ(約17億円)だという。

 なぜ双方の言い分が異なるのか。

 マドリー側には本当の数字を明らかにしたくない事情があるかららしい。

 ここに並べた額についてバルサのマルティーノ監督は「世間に対して失礼」とコメントしていたが、マドリーのペレス会長自身、“億越え”がスペイン国民にばれたら相当の反発を買うと思っていたようだ。

 同時に、エースであるクリスティアーノ・ロナウドのプライドに気を遣ったのも確かだろう。

 マドリーの発表どおりなら、4年前の彼の移籍時に払われた9600万ユーロ(約127億円)は依然世界記録。年俸1000万ユーロ(約13億円)もチーム最高額のままである。(15日、マドリーはロナウドとの契約延長を発表。新たな年俸は明らかにされていないが、1700万ユーロ超は間違いない模様)

 また、マドリー側から「表向き、年俸は500万ユーロということで」と頼まれたベイルの代理人によると、ペレスは賃上げ闘争の勃発をも恐れていたそうだ。ベンゼマやラモスらマドリーのレギュラークラスの中には、ベイルの半分以下しかもらっていない選手が何人もいる。たいした実績もない新入りにクラブが本当はいくら払うつもりなのか彼らが知ったら、契約条件の見直しを求める声はきっと湧き上がる。

1億ユーロの移籍金に、ジダンが「理解不能」。

 つまるところ、ベイルを欲しがること自体は良しとしても、超高額の支払いにはいろいろ無理があったということだ。

 移籍金の1億ユーロについては、ペレスが厚い信頼を寄せるジダンでさえ、先日フランスのテレビ番組でこう語っている。

「ベイルにあれだけの価値があるのか、答は1年後を待たねばならない。10年前、わたしは自分に7500万ユーロ('01年、ジダンは当時世界最高額の7800万ユーロでユベントスからマドリーへ移籍)の価値などないといったし、いまでもそう思っている。それだけの価値がある選手など存在しない。しかし両クラブが、強制されたわけでもないのに、その額で合意したんだ。不幸なことに、これがサッカーの世界だよ。理解不能。今日起こっていることはどれも不可解だ」

【次ページ】 ベイルのユニフォームが500万枚売れればいいのか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ギャレス・ベイル
レアル・マドリー
フロレンティーノ・ペレス
カルロ・アンチェロッティ
ジネディーヌ・ジダン
クリスティアーノ・ロナウド
メスト・エジル

ページトップ