サッカーアジア杯のメンバー構成は?

集計グラフを閉じる

  年明けすぐの1月、サッカーのアジア杯がカタールで開催されます。

  2007年の前回大会、4位に敗退した日本はコンフェデ杯出場を逃したことに加え、今大会の予選免除がされなかったため、南アW杯に向けて十分な強化試合を組めませんでした。その意味で、3位以上に入ることは極めて重要です。

  一方、日本の1月はシーズンオフ。主力選手のコンディションを考えると、国際経験の少ないロンドン五輪世代らの若手に経験を積ませるという案もあります。

  結果と育成、どちらも大切なのは言うまでもありませんが、よりどちらを重視して臨むべきなのでしょうか?

  ●結果を重視し、ベストメンバーで臨むべき
  ●育成を重視し、若手中心のメンバーで臨むべき

1-10件を表示 / 全46

すべて| ベストメンバーで臨むべき| 若手中心のメンバーで臨むべき|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 二択の中間かつ逆説的に、「ベストメンバーは結果として若手中心である」と感じる。
    W杯メンバーが確かに中堅~ベテランが中心だったと思うが、そうにしても本田圭佑を始めとして活躍し、まさに今アジア大会では永井を始めとする20代前半が奮闘している。U-19は結果が伴わないが宇佐美の実力は言うまでもない。海外では香川、内田らが主戦力となり、フロックでないことを力強く証明した。
    4年後というタイムラグを勘案しなくても、現時点で25歳前後の実力が世界レベルに達していることは言うまでもない。これに経験と知恵をもたらすベテランを配すれば、十分ベストメンバーを組めるだろう。どうしてもW杯がマイルストーンとなって、直前のW杯メンバーをベストと思ってしまいがちだが、日本の育成システムが着実に萌芽している事実。
    結果と育成に明確な線引きをしなくて済むことは、サッカー先進国になり得る、嬉しい条件の一つだ。

    strike-2さん2010/11/25 14:04に投稿

    20
    そう思う!
  • 今の日本代表の目標は2014年に最良の結果を残す事であり、アジア杯が目標ではない。それに来年はコパ・アメリカもある。まずは、若手に国際試合という経験をどんどん積ませる事が大切。2012年のオリンピックでは経験できない何かがA代表での試合は必ずある。また、海外で活躍する選手達は今の時期は各国のリーグ戦で試合をしたほうが絶対にプラスになる。アジア杯以上に各国のリーグの方がレベルが高い。そして何よりも日本の相手はアジア諸国ではない。ヨーロッパや南米の強豪国である事を決して忘れてはならない。

    タカさん2010/11/26 01:30に投稿

    18
    そう思う!
  • アジアとはいえ、いや、「アジアだからこそ」勝てない試合がある。
    これまでもその難しさを、W杯予選やアジア杯で嫌というほどに味わってきた。
    もし主力を招集せずに戦って中途半端な結果に終わったら、どういう反応を示せばいいのか?
    勝つにしろ負けるにしろ、公式戦である以上は目に見える形で今後に向けた課題を見つけなければいけない。

    そもそも、日本はアジアの中でそこまで圧倒的な存在なのか?
    W杯では結果を残したが、大会前にサポータ全員が抱いていた気持ちを忘れてはいけない。

    若い選手とは、年齢だけではなく実績によるものであると思う。
    下の世代で結果を残している選手は、今後のためにもぜひ招集してほしい。

    うさぎさんさん2010/11/25 17:14に投稿

    16
    そう思う!
  • もちろんベストメンバーで臨むべきです。アジア杯の優勝という目標はもちろん、コンフェデレーション杯への出場権は、世界でのレベルアップを望む、日本代表にとっては不可欠です。オシム-岡田ジャパンの前評判の悪さの理由の一つは、オシムが前回のアジア杯で敗退してしまったことにそもそも原因があります。予選免除も受けられなかった上に、コンフェデレーション杯という世界への檜舞台への出場も逃し、散々でした。幸いにして南アフリカで16強に進めたからよかったようなものの、現実的に考えて、W杯でまだまだ勝ち上がるのが厳しい日本代表では、コンフェデレーション杯はW杯に匹敵する大会です。前大会では好成績を収めたアメリカが、やはりW杯でも強さを見せました。日本もアメリカに続くべきです。

    K_Kurnさん2010/11/25 12:48に投稿

    11
    そう思う!
  • かつてはアジアを勝ち抜く力をつけるためにフル代表が必要だったが、最早その次元はとうに過ぎた。今や数カ国を除いて真っ向から来る相手は少なく、むしろピッチの外側でなんとかしようと思ってる相手がほとんど。そんな中ケガのリスクを背負ってまで出ても代表として得るものなどない。一方でJクラブはチームを醸成する貴重なキャンプの時期に主力を奪われ、アジアCLで苦戦するなど開幕直後の3月、4月は毎年パフォーマンスが低くなり、ライトなファン層をひきつける機会につなげられず、この大会に出ることに何のメリットもない。クラブチームでよいプレーをすることが今の日本代表にとっては最大の強化。一方で若いのには多少手荒い経験が必要。そのためにはある意味アジアはうってつけ。多少痛い目にも遭いながら、あしらいを覚えていくためにも、W杯に出るための試合以外はすべて若い選手で十分ではないだろうか。

    weathercastさん2010/11/25 13:04に投稿

    9
    そう思う!
  • 4年後のW杯を視野に入れ、日本サッカー自体を成長させていくには、
    若手中心のメンバーで臨むべきだと思います!
    ●レギュラー代表内でのポジション争いやレギュラー争いがチームを強くする。
    競争なき組織に成長はない。
    ●4年後へ向けた意識付け・世界を戦う意識改革を含め若手に経験を積ませる。
    今から海外にでていくキッカケになるかもしれない。

    また、若手中心でも日本は強いことを証明できれば、
    アジアにおける、日本サッカーは強国であることを印象つけられる。

    広州アジア大会ではたいていのチームがU-23+オーバーエイジで臨んでいるが、
    日本は、U-21で臨んでいる。たくましさが良い例えだと思う。

    きんさん2010/11/25 17:15に投稿

    8
    そう思う!
  • 前回はオシムさんがジーコ時代の負債を背負う形で、ゼロからサッカー作り上げてたこともあるけど、4位はやっぱ残念だったから覇権奪回のためにベストメンバーで挑んで欲しいということが理由の一つ。

    もう一つの理由として、コパを見据えたチームを作って欲しいので真剣勝負が続くアジアカップは格好の強化舞台。アルゼンチンのような強豪とガチンコでぶつかれる機会なんてそう無いんだから、ワールドカップ時の苦肉の策の守備偏重戦術ではなく日本のサッカーで戦うためにも、アジアカップでは最高のメンバーで最強のチームを作って欲しい!

    optimisterさん2010/11/25 19:48に投稿

    8
    そう思う!
  • 当然ベストメンバーです!アジア杯での戦いに何を求めるか?によって変わってくるでしょうが、W杯での好成績を最終目標にするなら「真剣勝負」ということでも、W杯出場決定後の「強化」ということでも、アジア杯での3位以内はノルマですよ。ノルマがあるのに若手の経験=育成重視などありえません。ただし、ベストメンバーとは主力でもレギュラーでもないです。その時の調子、コンディション、将来性なども踏まえて「ベスト」な選手を選択すべきです。それにアジア杯は公式戦です。育成なら国内での親善試合を利用すればいい。

    DGSさん2010/11/25 20:36に投稿

    7
    そう思う!
  •  4年後やコンフェデに、世代交代の始まった現メンバーに勝ち癖をつけるために、そしてザックの求めるシステムを4年後も中心となるべきメンバーになじませるためにベストで臨むべきだと思います。

     若手を育成というのはやらねばならないことではありますが、現メンバーを中心としてザックの核となる戦力を固めて土台がないと、新戦力の融合というのはうまくいかないでしょう。ザックシステムで、試金石であり勝たねばならない相手であるアジアにしっかり結果が残せること、これを証明するためには本田などの海外組に槙野など主力組で優勝を狙うべきです。若手にはセンスある人が多いですし、代表のシステムがある程度浸透し方向性が見えてきた時点で若手を上げるのも問題ないと思います。

    savoさん2010/11/25 21:12に投稿

    7
    そう思う!
  • 若手の意味が年齢的と言うことならば反対です。
    若手以外にも各クラブにはいい選手がたくさんいて代表に呼んでほしいなぁと思います。
    日本の弱点はフォワードと言われますがもっと弱点なのはセンターバックです。
    怪我をしない・統率できる選手が中澤・闘莉王の怪我によって今のところ見あたりません。
    ワールドカップを目標とするならば試合で使わないと育たないポジションなので是非今大会で代表として呼んでほしいと思います。
    サイドバックも長友以外、オフェンス・ディフェンスに特徴のある選手がいないので
    新たな選手を呼んでほしいと思います。
    家長くんは新人の時とても魅力的だったので金崎・家長・香川でドリブルでかけあがるようなチーム構成が見てみたいと思っています。

    かつてのNumber読者さん2010/11/25 17:52に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ