Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2年連続賞金王のその先へ> 石川遼 「史上最強の19歳」 ~世界の強豪と比較して~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2010/11/25 07:30

シーズン終盤となり、石川遼は2年連続賞金王を射程に捉えている。
だが国内の基準で見ているだけでは、この19歳の凄さは分からない。
世界の強豪との比較から、恐るべき才能をあらためて考察する。

 石川遼が2年連続で賞金王になるかどうか――なる可能性は十分あるが、もはや、それだけが重要なことではなくなっている。昨年、18歳で最年少賞金王になったことで、日本国内における「役割」のようなものは、すでに果たしたと言える。今後、日本ツアーの賞金王に何度なれるか。それだけに注目が行くのは彼自身にとっても、日本のゴルフ界にとっても、望ましいことではない。

 今年の石川遼を振り返るなら、日本ツアーでの成績より、マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロという4大メジャートーナメントで何ができたか。これを詳しく分析した方が、今年の石川と、今後の石川を考える上で、より多くの情報を得られるように思われる。

 本人が「夢はマスターズ優勝」と言っていることはよく知られている。一昨年、16歳でプロに転向した時、それはまだ、現実の洗礼を受けていない、少年の夢に過ぎなかった。

 だが、今は違う。石川はすでに2回、マスターズに出場しており、現実の洗礼を受けている。2回とも予選落ちしているが、少なくとも、彼の夢は、もはや子供の放言ではない。彼はマスターズがどのようなものか知っているし、その上で、さらに上のステップへ上がろうと、スイングの改造にも取り組んでいる。

18歳で出場した4大メジャーでの成績は?

 石川は昨年、日本ツアーの賞金王になり、世界ランキングも上がったことで、今年初めて4大メジャーの全試合に出場した。彼は今年の9月17日で19歳の誕生日を迎えているから、4月から8月にかけて行なわれた4大メジャーは、いずれも18歳で出場している。

 18歳で4大メジャーに出場というだけで、これは大変な快挙なのだが、それはひとまず置いておくとして、この4大会でどのような結果だったか振り返ってみよう。

    マスターズ   4オーバー 予選落ち
    全米オープン 12オーバー 33位タイ
    全英オープン 2アンダ― 27位タイ
    全米プロ    6オーバー 予選落ち

 4大会のうち2大会で予選落ち。全英オープンの27位タイが最もよい成績で、全米オープンが33位タイ。これだけ見ると、一見、驚くような成績ではないように思える。

 だが、それは的確な見方ではない。石川の今年の4大メジャーにおける成績は、18歳という年齢を考えると、十分価値があり、将来に向けて注目すべき成績だと言えるのである。

<次ページへ続く>

【次ページ】 4大メジャー優勝経験者たちと石川遼を比較する。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ