サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

9月の2試合に臨むザックジャパン。
序列が崩れた2つのポジションに迫る。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/08/30 12:10

9月の2試合に臨むザックジャパン。序列が崩れた2つのポジションに迫る。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

前回、ウルグアイ戦で招集された時は、長谷部や遠藤ら不動のボランチから「勉強して、盗めるところを盗んで力にしたい」と語っていた山口。次の代表戦2試合で、更なる飛躍を見せられるか?

 9月6日のグアテマラ戦と10日のガーナ戦に臨む日本代表23名が発表された。

 7月の東アジアカップからの生き残り組は、森重真人、青山敏弘、山口螢、工藤壮人、柿谷曜一朗、齋藤学、大迫勇也の7名。8月のウルグアイ戦のメンバーだった豊田陽平、駒野友一、高橋秀人が落選し、酒井宏樹、齋藤、大迫が入った。海外組と国内組の割合も、6月のコンフェデ杯の時は6対4で海外組が多かったが、今回はほぼ同数になっている。

 これは一見、勢力図の変化と見られがちだが、そう単純なことではない。W杯予選を突破したレギュラー組を軸とするヒエラルキーに基本的に大きな変化はない。海外組を重視する傾向にも変化はない。

 では、なぜこれだけの国内組が招集されたのか?

 それはザッケローニが、この2試合を国内組最後のテストと位置付けているからだ。

 10月の親善試合は海外でアウェーの試合である。そこで9月の2試合で、結果を出した国内組を最終的にレギュラー組と融合させ、アウェーで屈強な外国人を相手に戦えるかどうか。チームにフィットできるかどうかを試すのだろう。

 ただ、どこのポジションに重点を置いているかは、容易に推察できる。

ザックの狙いはボランチとセンターフォワードの修正。

 ひとつは、ボランチである。

 今回、これまでのボランチの控えだった細貝萌、高橋が落選している。代わりに生き残ったのが青山と山口だ。細貝と高橋は守備に強いタイプで青山と山口は攻守に強みを持つ。以前とはタイプが異なるだけに、ザックの趣向の変化が見てとれるし、彼らに対する強い期待も感じられる。

 もうひとつは、センターフォワードだ。

 今回、コンフェデ組の前田遼一とハーフナー・マイクが落選し、柿谷と大迫が入った。注目された豊田の落選は、ウルグアイ戦で周囲とかみ合わず「チームに、どうフィットするか」というザックの査定ポイントでの評価が低かったからだろう。柿谷はウルグアイ戦で及第点を得て生き残ったが、大迫も同じテストが課せられることになる。

【次ページ】 所属クラブでレギュラー落ちした選手をどうする?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
森重真人
青山敏弘
工藤壮人
柿谷曜一朗
大迫勇也
酒井宏樹
齋藤学
豊田陽平
駒野友一
高橋秀人
細貝萌
香川真司
長谷部誠
吉田麻也
清武弘嗣
山口蛍

ページトップ