SCORE CARDBACK NUMBER

KOを「狙える」左拳、
山中慎介が迎えた充実期。
~照準はバンタム級統一王者~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/09/02 06:01

KOを「狙える」左拳、山中慎介が迎えた充実期。~照準はバンタム級統一王者~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

長男・豪祐くんを抱きつつ歓声に応える山中。笑顔も少なく、すでに次戦を見据えていた。

「ノックアウトは狙うな」とよくいう。ダウンを奪ったボクサーが大振りになってミスを繰り返し、トドメを刺し損ねる試合がリングの上では繰り返されている。「狙うな」とは相手を倒そうと意識しすぎて自分のボクシングを見失わないようにとの、戒めのようなものだ。“ノックアウト・ダイナマイト”の異名を持つ内山高志は、いつも「KOは狙いませんが、結果としてそうなればいい」と言いながらKOを重ねている。

 だが、いま最も輝いているもう1人のKOキング・山中慎介は、狙ってKOを奪える稀有なパンチャーだ。8月12日のWBC世界バンタム級王座4度目の防衛戦でも、試合前から「KOを狙う」と公言。実際、プエルトリコからやってきたホセ・ニエベスをわずか160秒でKOしてみせた。

 山中の武器である左ストレートはゴッドハンドならぬ「神の左」のキャッチフレーズが定着しつつある。あっけなく終わったニエベスとの試合後に、「生意気ですが、もう少しやりたかったです」という名セリフを吐いた山中は、ボクサーとして乗りに乗っている。その左ストレートは“神”と大げさに言わずとも「研ぎ澄まされた」という表現がピッタリだ。

西岡利晃のようにコアなファンからもリスペクトされる王者へ。

 これほどの選手がプロ転向後しばらくはさほど期待されなかった。それは周囲に見る目がなかったのではなく、山中があまりに短期間に急成長したからだろう。結果を出し、評価されることで、自信を深め、さらに強くなる。自分のだけが当たると信じて、相手と同じタイミングで左拳を放てるのが今の山中だ。

 今や山中は、少し前まで帝拳ジムの先輩・西岡利晃が座っていた地位に昇りつめようとしている。一般のファンから支持されるだけでなく、その魅せる試合内容でコアなファンからもリスペクトされるチャンピオンになりつつあるのだ。

 その左ストレートのように率直なモノ言いで、日本チャンピオンの頃から「亀田とやりたい」と口にしてきたが、今も「バンタム級で自分が一番強いことを証明したい」と明言。4団体の正規王者のうち3人は日本人だから当然亀田興毅、和毅兄弟との対戦実現を期待する声が高まるだろうが、山中自身は、WBAスーパー王者に格上げされたアンセルモ・モレノとの統一戦を熱望しているようだ。

関連コラム

関連キーワード
山中慎介
内山高志
西岡利晃
ホセ・ニエベス

ページトップ