ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

辛勝のシャルケがCL本戦出場決定!
内田篤人が語った2つの“嬉しいこと”。  

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/08/28 12:05

辛勝のシャルケがCL本戦出場決定!内田篤人が語った2つの“嬉しいこと”。 <Number Web> photograph by AFLO

CLのかかった重要な一戦で、1st、2ndレグともにフル出場し、2季連続となるCL本戦出場に大きく貢献した。欧州トップクラブとの対戦を内田も楽しみにしていることだろう。

 右足太ももの張りで、先週の土曜日に行なわれたハノーファーとのリーグ戦を内田篤人は欠場した。

「火曜日のCLまでには100%の状態にして試合で出られるか?」

 ハノーファー戦の前日の練習を終えたあとにケラー監督にそう問われると、内田はこう答えている。

「出られます」

 その言葉通り、同じく出場を危ぶまれていたファルファンとともに、ギリシャのPAOKテッサロニキとのCLプレーオフのセカンドレグではスターティングメンバーに戻ってきた。

 先週行なわれたシャルケのホームでのファーストレグは終始ゲームを支配しながら、まさかの1-1の引き分け。シャルケが90分で勝ち抜けを決めるためには、2-2以上の引き分けか、PAOKに勝つしかなかった。ブンデスリーガではここまでの3試合で9失点と守備が崩壊しており、1分2敗で勝ちがない。

 シャルケのUEFAクラブランキングは15位なのに対して、PAOKテッサロニキは73位。さらに、PAOKがプレーオフに進めたのは、CL予備予選3回戦でPAOKを下したウクライナのメタリストが八百長に関与した疑いで、出場資格を取り消されたからだ。不調とはいえ、実力を発揮できさえすれば、順当にCL本戦にコマを進められるはずだった。

 にもかかわらず、シャルケは苦しんだ。

中盤で目まぐるしくボールが行き来する緊迫した展開に。

 ホームとはいえ、格下のPAOKはハーフウェイラインあたりからブロックを作り、全体をコンパクトにしてボールを奪ってからのショートカウンターを狙う。

 シャルケはDFラインで慎重にボールをまわしながら攻撃を組み立てようとするが、PAOKの選手たちのプレッシャーがきつく、思うようにパスはつなげない。ただ、PAOKにボールを奪われても、そこからの反撃は防いでいたため、ボールが両チームの間を目まぐるしく行き来する展開が序盤から続いていた。

 前半の40分過ぎのことだ。

「積極的に、前線にオーバーラップしろ!」

 内田がケラー監督から指示を受けた。

「相手の11番が裏を狙っているし、サイドの俺らが上がったところを狙っているから……」

 そう感じていたものの、監督がそこまで言うならと思い、勇気をもって前に進んだ。

【次ページ】 スッキリ勝ちきれない、シャルケの現状とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
内田篤人
シャルケ
イェンス・ケラー
PAOKテッサロニキ
ハノーファー
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ