SCORE CARDBACK NUMBER

浦和学院に箕島も散る。
敗者の短くも熱い夏。
~甲子園に刻んだ、それぞれの物語~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/22 06:00

浦和学院に箕島も散る。敗者の短くも熱い夏。~甲子園に刻んだ、それぞれの物語~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

大会初日、惜しくも日川に敗れた箕島の尾藤強監督。終始穏やかな表情で選手を見つめた。

 第95回全国高校野球選手権記念大会は、3日目の1回戦で優勝候補の浦和学院が敗れるなど、波乱含みの展開となった。相手が強豪・仙台育英とはいえ、選抜優勝投手で抜群の安定感を誇る小島和哉が9つの四死球を与え、11失点で沈没するなど誰が予想できただろう。甲子園には魔物が棲むと言われる所以である。

 29年ぶりに夏の甲子園に姿を現した箕島、その古豪を今年から指揮している尾藤強監督にも注目が集まった。

 '79年に春夏連覇するなど、箕島に黄金時代をもたらした尾藤公・元監督をかつて取材したとき、何度か長男・強氏の話になった。尾藤強は'86年の和歌山大会決勝で敗れたときの箕島のエースである。長い低迷期に入った箕島が久しぶりに選抜大会に出場することになった'91年春、バッティング投手でもいいから甲子園に連れてってくれと強氏に直訴され、公氏は「あいつの中で甲子園はそれほど大きなものだったのか」と初めてその思いの強さを知ったという。

 今回、監督として念願だった甲子園に足を踏み入れた強氏。初日の第3試合で日川に2対4で敗れたが、2年前に逝去した父の思いと共に、尾藤親子の第2章が始まった。甲子園を去る監督、選手に万雷の拍手が湧き起こった。

大阪桐蔭の破壊力以上に印象強い、公立校・西脇工への大声援。

 優勝候補の筆頭とされていたが、昨年の覇者で2連覇をもくろむ大阪桐蔭の破壊力には改めて戦慄した。1回戦の日本文理戦では2対1で迎えた2回裏、3番森友哉、4番近田拓矢に連続本塁打が飛び出し4万2000人の観客の度肝を抜いた。森は4回裏にもソロホームランを放ち、甲子園通算ホームランを5本とし、史上4位タイに躍進した。

 この大阪桐蔭を上回る大応援団を背に戦ったのが公立高校の西脇工である。バントをしただけでワアー、内野ゴロをアウトにしただけでワアーと大声援が甲子園球場を揺るがす。いくら地元の兵庫代表と言っても、私立の報徳学園や育英ではこれだけの大声援にはならない。私立が幅を利かせる高校野球の中にあって、公立高校に寄せるファンの期待の大きさを思い知らされた。

 震災復興のシンボルとして躍進が期待される東北6県代表校の戦いぶりなど、今年も甲子園は見どころが満載だった。

関連コラム

関連キーワード
箕島
尾藤公
尾藤強
大阪桐蔭
森友哉
近田拓矢
西脇工
甲子園

ページトップ