私とDo 特別編BACK NUMBER

<富士山を10倍楽しむ方法> 實川欣伸 「御来光見物の絶景スポット」 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/08/13 08:00

<富士山を10倍楽しむ方法> 實川欣伸 「御来光見物の絶景スポット」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki
念願の世界遺産に登録され、過熱する富士山ブーム。これを機に
登ってみようか、と思う人も多いはずだ。だがせっかく登るのに、
ただ山頂を目指すだけではもったいない。そこで富士登山を
もっと楽しくする隠れスポットを富士山の達人たちが伝授する。

好評発売中の雑誌Number Do『日本百名山を再発見~あの山はもっと遊べる!~』では、山登りの楽しみ方を様々な角度から切り込んでいます。
今回は富士山登頂回数約1500回の猛者・實川欣伸さんに直撃しました!

 通算登頂回数、約1500回。シーズン中は一日2回の登頂を欠かさないというアマチュア登山家の實川欣伸さん。富士山を日本一知り尽くす男に会うために、富士宮口五合目を訪ねた。

 目標は1673回なんです。昔、梶房吉さんという強力が1672回登ったという記録が残っていて、ここまで来たら記録更新を目指したいんですよね。最初に登ったのは40歳のとき。人生で1回くらい登ってみたい、というありきたりな理由でした。毎日登るようになったのは2008年からです。きっかけはリーマンショック。定年後にパートで働いていた会社をクビになり、やることがないから思いっきり登ってやろうと。五合目に車を停めて、一日2回登るという今のスタイルができたのもそのころです。

 最初の年は248回登りましたが、時を同じくしてイチロー選手が、8年連続200安打以上というメジャータイ記録を達成した。そこで「俺は富士山のイチローになってやるぞ」と。それからは登頂200回以上を5年連続でやってます。

平均9時間半で2往復……もはや山頂に立っても達成感はない!?

 あきないですよ。好きになったことはトコトンやる性格で、今までもいろんなことにハマりました。人間的に変わってるんですよ。最初はウイスキー(毎日ストレートでボトル半分以上)でしょ、次が焼き鳥(毎日会社の帰りに20~30本以上)、次はタバコ(毎日100本以上)で、次はチャーシュー麺(毎日の昼食)……。そして今、なぜか富士山です。それまでのは途中で気持ち悪くなって全部やめちゃったんですけど、今のところ富士山には拒絶反応は出てないですね。

 毎日のスケジュールはほぼ決まってます。自宅から行くときは車で富士宮口の五合目まで行き、朝8時から登って3時間で登頂。「山頂なう」ってツイートしてから1時間で降りてきて、五合目でパンかおにぎりの昼食。昼過ぎから再び登って、また「山頂なう」ってツイートして降りてくる。2往復トータルで、平均9時間30分くらいです。そりゃあ、きついですよ。山頂に立っても、もはや達成感なんてないし……。でもね、もう仕事みたいなもんだから。カネにならない仕事だけど(笑)。

【次ページ】 頂上で御来光を見る時、特別な穴場があるんです!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私の「山」論

ページトップ