SCORE CARDBACK NUMBER

今なお止まらない薬物スキャンダル。
~陸上界での蔓延が象徴する危機~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/08/09 06:00

「暗い話題を吹き飛ばす走りをしたい」と世界大会への抱負を語る世界記録保持者ボルト。

「暗い話題を吹き飛ばす走りをしたい」と世界大会への抱負を語る世界記録保持者ボルト。

 陸上の世界選手権が8月10日に始まる。華やかなはずの大会は、しかし、重苦しい空気の中、開幕を迎えようとしている。

 陸上界が揺れたのは7月14日のことだ。タイソン・ゲイ(アメリカ)、アサファ・パウエル(ジャマイカ)らがドーピング検査に陽性反応を示したのだ。故意か過失か判明していないが、ビッグネームが相次いだ衝撃は大きかった。それだけに広く報じられることになったが、実はドーピングの発覚は枚挙にいとまがない。

 昨年のロンドン五輪では女子砲丸投げの選手が金メダル剥奪となり、今年6月には五輪金メダルを3つ保持するベロニカ・キャンベルブラウン(ジャマイカ)が、同月の欧州選手権でも8名の選手が陽性反応を示した。しかも、近年、より多くの国々の選手に、そして若い世代に蔓延している傾向がうかがえることも憂慮を深める。

検査が精密になればなるだけ、ドーピングの手法も高度化する。

 ことは陸上にかぎらない。事例は数知れず、スポーツそのものが今なおドーピングと縁を切れずにいる現実がある。検査が精密になればなるだけ、手法も高度化する。以前、筋肉にかかわる病気の研究成果が発表されるや否や、ドーピングに活用しようという意図からか、研究者のもとにスポーツ関係者から問い合わせが殺到したケースがあったのを思い出す。

 何よりも、網をすり抜けようとする選手、選手にそうさせようとする人々の存在が根本の理由だ。「健康を害する」「フェアプレーに反する」「反社会的行為である」。これらの理由からドーピングは禁じられ、処罰も決して軽くない。それでもリスクを冒す価値として見出しているのは金銭かもしれないし、ただ単純に勝ちたいという欲求かもしれない。いずれにせよ、欲求にのまれる選手たちの前に、反ドーピングの理念は、何のハードルにもなっていないかのようですらある。

 だが、歯止めがなくなればスポーツは崩壊する。無力のようでも、やむことなく繰り返される行為にもあきらめずに訴えていくしかない。

 周囲はドーピングに厳しい視線を向け、スポーツに即効性はない自覚を選手にあらためて促す。記録を伸ばすにも勝利するにも地道なトレーニングを重ねるほかないのがスポーツだ。同様に、ドーピングを止める手立てにも即効薬はない。

関連コラム

ページトップ