フォトギャラリー

[六大学野球] 斎藤佑樹、最後の早慶戦。神宮を包んだ熱狂。 

photograph byTadashi Hosoda

photograph at2010/11/3

早大ドラフト1位トリオ
  3人あわせて11球団による1位指名を受けたドラフト会議からわずか6日後、慶応大学を10-5で破り、4季ぶり42回目の優勝を飾った早稲田大学のドラフト1位トリオ。左から斎藤佑樹、福井優也、大石達也(それぞれ日本ハム、広島、西武が交渉権を獲得)。
  六大学野球秋季リーグ・早慶戦、早稲田は「ドラ1トリオ」を擁しながら、慶応打線に攻略され、10月31日(日)、11月1日(月)と2連敗。50年ぶりとなる早慶両校による優勝決定戦に進んだ。
  11月3日、文化の日に東京・神宮球場で行われた優勝決定戦は、先発の斎藤が8回1死まで慶応打線をノーヒットノーランに抑える好投。だが、その後、味方のエラーもあり、8回に5失点で降板。7対5の2点差に迫られるが、最後は大石が後続を最速153キロの投球でシャットアウトし、“最後の早慶戦”を勝利で飾った
<< BACK 1 /11 NEXT >>

ページトップ