日本代表の1トップ、レギュラー奪取の一番手は柿谷? 豊田?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 サッカー東アジアカップで多くの新戦力が能力の片鱗を見せた日本代表。その中でも一際強いインパクトを残したのが、1トップに入った柿谷曜一朗・・・続きを表示

●柿谷曜一朗  ●豊田陽平

1-20件を表示 / 全60

すべて| 柿谷曜一朗| 豊田陽平|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • ザック流の1トップに相応しいのは、現状では柿谷ではなく、豊田。

    現状で前田がファーストチョイスである理由の一つは、セットプレーの守備に背の高い、競り合いに強い選手が必要だから。
    日本のセンターバックが大きくて強ければ、速くて上手い小柄な1トップでもよいのだが、前田やハーフナーの代わりが柿谷では、コーナーキックを与えるだけで致命傷になる。

    豊田はザックの求めるセンターフォワードの特徴をほぼ満たしているので、他のメンバーとのギャップも少なそう。
    柿谷は、スーパーサブとしての招集はあっても、スタメンの1トップは難しいのではないか。

    くろさん2013/07/31 22:36に投稿

    11
    そう思う!
  • 豊田陽平

    1トップという限定された質問の中では、豊田でしょう。
    ポストプレー、相手を背負ってのキープ力、そしてチェイシング能力
    どれも豊田のほうが上だと感じました。
    もちろん、柿谷の決定力は魅力的です。
    私感ですが、柿谷はFWだけではなくMFもこなせるので
    戦術的には使い勝手の良い選手だと思います。
    ただ、現状で、レギュラーが前田であることは、間違いないでしょう。
    選択肢が増えたことはいいことだと思います。
    豊田選手、柿谷選手は本当に期待が持てると感じました。
    頑張ってほしい!!

    JOEさん2013/08/01 12:44に投稿

    11
    そう思う!
  • みなさん、随分と柿谷を推す声が多いようですが、結果が出ているからといった印象があります。
    今の日本代表に求められているのは、柿谷より豊田だと考えます。
    理由としては、日本代表のオフェンスに足りないピースがどちらか考えた時に
    何でもできる便利屋のようなタイプがほしいのか、最前線で体を張れるタイプなのか
    ザックがどう考えてるかわかりませんが、私は後者だと思います。
    豊田はオーストラリア戦で得点をしていないにも関わらず、果てしない存在感を見せました。
    それに対して、柿谷は少ないチャンスをモノにした決定力はありましたが、試合トータルで考えると
    他に特筆すべきものがないと感じました。
    もちろん、出場してる試合が違い相手も違うので比較は難しいと思いますが
    豊田なら近いうちに結果も伴ってくることが想定できるので
    豊田を招集するべきだと考えます。

    ドログバ325さん2013/07/31 20:45に投稿

    9
    そう思う!
  • 世界の強豪に競り勝つには、まず守り抜くこと、そして攻守ともにセットプレーがカギになると思う。
    豊田選手は、前線からの守備、攻守セットプレーでのヘディング、そしてそれを90分間出来る体力、身体の強さ、精神力を兼ね備えている選手だと思う。
    ワールドカップでは、華麗なプレーも見たいが、全チームが勝負にこだわる中で、ワンチャンスをものにする強さ、大ピンチをしのぐ強さが必要だと思う。
    豊田選手は、これからの一年で前田選手をも抜き去る可能性を持っている唯一のFWだと思っている。

    nodaさん2013/08/03 10:52に投稿

    7
    そう思う!
  • まずザッケローニと原技術委員長に聞いてください。
    その上で私の意見は柿谷選手です。あの決定率の高さは魅力です。
    現時点でザッケローニの頭の中はレギュラー前田選手、後半40分以降の投入選手その2ぐらいの位置にハーフナー選手。ジョーカーなしの状態。
    これを原さんの説得でレギュラー柿谷、ギリギリ落選前田選手、ジョーカー・スピードのある選手もしくはドリブルがキレキレの選手(現時点ではなしだが宮市や永井が所属チームでレギュラー奪取できればあり)、後半20分ぐらいでゲームの流れを変えられる選手として豊田選手が選ばれるようだと本大会も期待ができそうだが・・・

    ナンバーさん、この投稿を原さんに見せてください。1年前より明らかに弱くなっている日本代表が歯がゆいです。1年前までは岡ちゃんの財産で勝っていたがその貯金もなくなりました。ここからザッケローニの真価が問われます。すでに落第点ではあるが・・・

    BOTANさん2013/07/31 19:06に投稿

    6
    そう思う!
  • 90分間活躍出来るだけの運動量やキープ力がある点で、柿谷よりもレギュラーに近いと思う。
    ザックジャパンの1トップのレギュラーになるには、個人の決定力より今のレギュラーメンバーといかにフィットするかどうかの方が重要だと思うので、前田によりタイプが似ている点でも有利だと思う。
    柿谷は韓国戦のような劣勢の時に消えている時間帯が多すぎたとは思うが、スーパーサブとしてザックジャパンの常連になれると思う。

    O・FACTORYさん2013/07/31 23:11に投稿

    6
    そう思う!
  • タイプ的には、ハイボールで競り合ってボールを収められる選手がほしいとこなんじゃないか?前田はポゼッションの中でボールを引き出す動きはうまいが、ガチンコな競り合いにはそう強くない印象。また柿谷はポゼッションの中から裏への飛び出し、またはスクエアに受けて(裏でなく敵DFの前で受ける)さばくこともうまそうだが、本田と役目がかぶる部分でマッチングがちょいと不安。前田もアジアカップのころまではそうフィットしてたわけではないし、本田と香川を活かす(邪魔しない)、ひいてはおとりになって岡崎の飛び出しを活かすタイプとしてレギュラー保ってると思ってる。で、今までのA代表に違いをもたらしそうなのは無骨な豊田のほうなのかなと思います。柿谷すばらしかったですけど、あくまでB代表レベルでの活躍であって、Wカップで対戦する強豪は判断、スピード、強さ、どれも韓国の比じゃないからね。

    tomzさん2013/07/31 23:15に投稿

    6
    そう思う!
  • 代表に呼んでブラジルで使い分けるなら両者ですね。

    で、柿谷と豊田のどちらが一番手とするかは、本田、香川や岡崎のアタッキングを活かすのが仕事になる時間が多い代表だと前線でボールを収めれる豊田になるでしょう。
    豊田には前田にない強さがあり、ロングボールを入れるという選択肢も使える。
    ポストとしてダイレクトで前を向いてる選手にボールを散らせるセンスは有効だと思います。

    柿谷は素晴らしいですが、どちらかと言うとフィニッシャーだと思います。
    点の欲しい後半や対戦相手の戦術に応じて起用するオプションがいいかと。
    オプションと言っても優先度の高い先発の可能性もある選択肢だと思いますが、ファーストチョイスは豊田が機能的な感じがします。

    K4NUさん2013/08/01 14:28に投稿

    6
    そう思う!
  • 組織にはまりそうで、監督として計算できそうなのは”豊田”かなと思う。
    ただ、代表がW杯優勝を目標にしている以上、東アジア杯は対戦国のレベルを考えると、レギュラーが入れ替わるような性質の大会だったとは思えない。8月に行われる強豪国ウルグアイとの試合で2人が結果をだした後に初めて議論されるべき話題な気がする。
    でももしそこで2人がある程度の結果を出したとしても、組織にマッチしている前田を外してまで、残り1年の間に2人のどちらかをレギュラーとして先発で起用することも考えにくい。
    それは、バルサからアンリ・イブラが退団しても何の影響もなかったことと同じように、日本のサッカーは個人の能力よりも組織にはまるかどうか。その可能性が高いのは、圧倒的な経験の差で”前田”だろうと思う。
    また、これからの時期のレギュラー交替を、ザックのプライドが許すとも思えない。

    rentonさん2013/08/01 06:12に投稿

    5
    そう思う!
  • 豊田も柿谷も必要だと思います。ただどっちかを選ばなくてはいけないと言うお題なので柿谷曜一朗です。
    理由は2つです。日本がしたいサッカーってパスワークのスピードと質を持って崩していく事。香川、本田、清武など技術の高い選手の中に柿谷が入ったらもっとストロングポイントであるパスワークに磨きがかかりより世界的なものになるんじゃないかと期待してます。
    もう一つは本田選手がよく言う個の力。個の力を持ってるのは柿谷曜一朗。あんだけ速くて巧い選手はいままでの日本代表を見てもいないかなって僕は思います。トラップ、ドリブル、パス、スピードどれに置いてもポテンシャル高いです。


    あと単純に曜一朗見てるとうまいからワクワクするんですよね!夢のある選手だと思います。

    みたしょうさん2013/08/04 09:49に投稿

    5
    そう思う!
  • 東アジアカップで得点はなかったですが、前田以上の可能性を感じさせてくれたと思います。
    柿谷は1トップとしては試合から消えていた時間が多かったと感じます。

    リオトップガンさん2013/08/01 00:16に投稿

    4
    そう思う!
  • 今の日本代表の弱点は1トップでボール収まらないことだ思う。本田がいるときは本田が変わりにやってるけどそうするとトップ下の役割がいなくなってしまうし、本田不在のときにまったく機能しなくなる。代表で香川トップ下がなかなかうまくいかないのも、1トップでボールが収まらないから、後ろ向きでパスを受けることが多くなってだめなんだと思う。ドルトムントやマンUみたいに1トップでボールが収まって、香川が前向いてボールを受けて勝負できるようになると香川トップ下も機能するようになると思う。
    そういう意味で一番ボールが収まりそうなのは豊田かなと思う。

    Frostさん2013/08/01 03:59に投稿

    4
    そう思う!
  • 10年以上前の大久保とダブります。
    その再来が柿谷や原口。
    でも正直そこまでのインパクトはありません。
    試合相手のディフェンスのレベル、柿谷・豊田・原口の癖を知っているかどうかなど、評価するにはまだ早いと思います。
    ほんとにすごい選手は知ってても止められないレベルで、メッシだったりロッペンだったり香川だったりするのです。
    大久保はその手前までは行っていましたが、今の候補はまだまだです。
    豊田はグランパス時代、得点を重ねたのですが、評価されず、ネームバリューで決めるタイプのスチームの構想から外れましたが、ボールの持ち方一瞬のかわしがうまくなりました。柿谷は、まだ顔を見ると、あのときの大久保のようなとげがあります。プレーに関しては間合いや足下がうまくどちらも候補です。
    少なくともハーフナーよりは数段上で、前にも書きましたが、ハーフナーはまだ代表レベルではありません。
    年齢的に豊田かな。

    中日新聞読者さん2013/08/01 08:58に投稿

    4
    そう思う!
  • 柿谷曜一朗です。

    確かに、豊田陽平の献身的な守備、サイズ、得点力に魅力がある。守備やサイズの面では柿谷曜一朗に勝っている。

    代表に入った場合ハーフナーより、少なくとも守備の面では戦力になると思える。

    しかし、ブラジルワールドカップで如何に勝利をもぎ取るかを考えた場合に、豊田陽平では疑問がある。

    なぜなら、ブラジルワールドカップでは押し込まれる場面が多くなるので、高さはコーナーキックの時くらいしか活きない。

    押し込まれている場面で相手のDFラインを押し下げることができ、決定力のある選手が必要となる。

    そうなれば柿谷曜一朗だ。

    DFに囲まれていても裏に抜けることがうまく、周りも活かすことができる選手だ。

    Jリーグアルビレックス戦で魅せたトップの位置でDFラインを引きつけて裏に走りこんできた選手にヒールパスなんかブラジルワールドカップで見せて欲しい。






    えいさん2013/08/02 11:17に投稿

    4
    そう思う!
  • 1トップという選択であれば、間違いなく豊田
    前線にフィードする的になるし、ボールを収めてくれれば2列目
    が前を向いてプレーできる。あと、ヘディングにも期待できるし。

    柿谷は、基本2トップのシャドーストライカーか、2列目の選手
    1トップだと、世界レベルのチームでは簡単に潰されると思う。

    ちなみに、2列目という意味では、大迫も良かったし、元々
    代表に定着している香川や岡崎、清武などがいるので、かなり
    食い込むのは困難だと思う。おそらく次のW杯の主力では?

    ハーフナーが求められてる役割をこなせていないという判断に
    なれば、豊田と入れ替える可能性は大きいと思う。
    前田は、ザックにかなり信頼されているので、同タイプの佐藤
    なんかは割り込めない。柿谷も1トップで食い込むのは難しい

    kmcstartさん2013/08/03 09:52に投稿

    4
    そう思う!
  • 本音は該当なし。
    あのレベルの相手に対してけ現実の試合クォリティが低すぎる。
    もっと出来ると思う。韓国戦は完全アウェイなので良くやったと思いますけど、現実的には、今の代表メンバーの方が明らかに数段上ですね。
    で、本題ですが、私はフォアチェックもしっかり出来る豊田だと思います。
    今の代表のスタイルをある程度崩さずに起用出来そうだからです。
    柿谷はその辺苦手そうなので、彼を違うするにはこれまでとは違うスタイルが必須。
    最初に述べたように、東アジア大会全体のクォリティはイマイチでしたから、ザックが柿谷にそこまでの価値を見いだすには至らなかったのではないかと思います。

    heroheroさん2013/07/31 21:04に投稿

    3
    そう思う!
  • 前で身体を張り執拗なチェイス、空中戦の強さ、ゴールを狙う執念は相手をビビらせるに十分な存在。こういうマルチなFWは前田もそうだがザックの好みだと思う。前田は頭脳派、豊田は泥臭さが身上。柿谷も欲しいが香川とだぶるし守備が弱いのでは?

    clematisさん2013/08/02 22:48に投稿

    3
    そう思う!
  •      豊田(前田orマイク)
    柿谷(香川)   岡崎(or寿人)
           本田
    柿谷使いたいなら↑でいいんじゃ?
    でかいし守備力上がるし

    hdsokbさん2013/08/03 08:31に投稿

    3
    そう思う!
  • 勝手に「ワントップは強い選手を使わねければならない」という前提で考えてる人が多すぎるだろう。
    個人のフィジカルに頼ったキープ能力などさほど重要ではなく、適切なスペースに適切なタイミングで動けば体の強さに頼ったキープ力など特に必要ないのは技術的に優れた海外選手や香川を見ればわかる事。

    現代表のシュート技術の無さ、チャンスに決められない事を考えれば、どう考えてもシュートバリエーションがある柿谷のほうが必要だろう。真に求められるのはゴールに絡めるプレイヤー。

    豊田のチェイシングは確かにいいが、前田と被る上に、彼は鳥栖で消える場面が目立つ。
    代表の2列目(香川、清武、乾などのコンビネーションで崩す選手の多さ)を考えれば連携がとれるか非常に疑問。
    やってみないとわからないが、現時点ではセレッソで見せてる通り、柿谷のほうがそういったプレーも上手いだろう。


    ウェスタン炎さん2013/08/03 13:28に投稿

    3
    そう思う!
  • 柿谷は1トップが「できる」のであって「向いている」訳ではない。
    豊田、柿谷ともにFWとしてのチェイシングはできる。
    柿谷はサボっている場面が見受けられたが・・・。
    問題はDFを背負ってのプレイがしっかりできるかだと思う。
    2人とも極東アジアの、しかもどの国も本気ではない大会で
    そのプレイができたからと言って、もっと相手のレベルが
    上がった場合に同じプレイができるかと問われると
    体格面で劣る柿谷には酷であり、激しいコンタクトで
    無駄に体力を削られる事は避けるべきである。
    豊田の場合、体格・体力両面で柿谷に勝るので
    豊田を候補の1番手に挙げたい。
    柿谷は2トップの一角、若しくは2列目がより活きると思う。
    彼を1トップで使う場合は2列目に直感でプレイできる選手
    例えば、元セレッソの3人が並んだ場合などが良いと思う。

    アベノのセレッソファンさん2013/08/04 13:47に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ