サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

柿谷の2ゴールで東アジア杯初優勝。
本田とは異なる1トップ&トップ下像を。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/07/29 12:25

柿谷の2ゴールで東アジア杯初優勝。本田とは異なる1トップ&トップ下像を。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ザッケローニ監督は「すぐに再招集される選手がいる」と序列の更新を示唆した。柿谷がその筆頭にいることは間違いないだろう。

 その瞬間、中国戦でのトラップミスが柿谷曜一朗の頭の中をよぎった。

 勝てば無条件で東アジアカップ初制覇の決まる韓国戦。立ち上がりから相手に押し込まれていた日本に、最初のビッグチャンスが訪れたのは前半24分だった。

 自陣深い位置からの青山敏弘のロングパスに反応し、1トップの柿谷は韓国DF3枚を一気に置き去りにする。

 バウンドしたボールを頭でトラップしてすぐに背後を確認したのは、3-1で迎えた中国戦の後半19分、同じく青山からのロングパスを頭で落としてドリブルで運ぼうとしたとき、跳ねたボールが腰に当たり、4-1とする絶好機をふいにしていたからだ。

「完全に中国戦を思い出した。なので、一回引いて、ボールの状況を見たら、コロコロと転がっていた」

 DF3人に両脇から迫られたのは、その動作があったためだ。目の前にはGKも迫ってきていた。

 けれども、柿谷は冷静だった。本人は「敏くん(青山)のボールが良すぎて緊張した」と話したが、そんな様子はまったくなかった。GKの間合いをずらして右足で流し込み、先制点をゲット。ヘディングでゴールを決めた中国戦に続き、結果を出した。

3本のシュートで3ゴール。決定率なんと100%。

 引き分けに終わるかと思われた後半アディショナルタイムには、FW原口元気のシュートをGKが弾いたところに詰めた。

 ここでも柿谷は「心臓がバクバクしていた」と言うが、完全アウェイの日韓戦で、GKとDFの位置をしっかり確認して決めた左足のシュートには、心憎いばかりの落ち着きがあった。

 これで、出場した2試合で3本のシュートを放ち、3ゴール。“決定率100%”はシュートが少ないからとも言えるが、決定力不足を悩みとする日本に新風を吹き込んだのは間違いない。

 アルベルト・ザッケローニ監督は柿谷の名前こそ挙げなかったが「日本サッカーには国内にこれだけ良い選手がいることを証明できた」と褒め称えた。

【次ページ】 立ち上がりから攻める韓国に、劣勢に立たされた日本。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
柿谷曜一朗
アルベルト・ザッケローニ
青山敏弘
栗原勇蔵
工藤壮人
徳永悠平
槙野智章
駒野友一
山田大記
豊田陽平
西川周作
山口蛍
東アジアカップ

ページトップ