スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「貧打」に苦しむヤンキース。
プレーオフ進出への処方箋は? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2013/07/21 08:02

「貧打」に苦しむヤンキース。プレーオフ進出への処方箋は?<Number Web> photograph by AP/AFLO

ヤンキース傘下のマイナーチーム、チャールストン・リバードッグスで7月2日に復帰したアレックス・ロドリゲス。22日のメジャー昇格が確実視されているが、果たして……。

 メジャーリーグの後半戦突入にあたって、こんな質問を多く受ける。

「ヤンキース、プレーオフに出られますかね?」

 黒田博樹、イチローがプレーしていることもあって、気になる人が多いのだろう。

 私は、こう答えている。

「現状のままでは、かなり厳しいです」

 なぜか。その理由を書いていく。

ヤンキースの「得失点差-2」が意味するものとは?

 今年のアメリカン・リーグ東地区は、予想通りハイレベルな戦いが続いている。ある時点では、5球団すべてが5割以上をマークしていた。

 では、各チームの「中身」を見ていくことにするが、まずオールスター・ブレイクを迎えた時点での順位表を見てみよう。

●2013年 アメリカン・リーグ東地区 前半戦順位
  勝利 敗戦 ゲーム差 総得点 総失点 得失点差
レッドソックス 58 39 498 407 91
レイズ 55 41 2.5 449 389 60
オリオールズ 53 43 4.5 462 435 27
ヤンキース 51 44 6 373 375 -2
ブルージェイズ 45 49 11.5 428 440 -12

 今季の東地区の場合、「得失点差」に注目して欲しい。

 得失点差の順番で、きれいに1位から5位までが並んでいる。これは何を意味しているのか?

 メジャーリーグはシーズン162試合という長丁場を通して、チームとしての総合力を競う場である。1試合、1試合ではなく、中長期的な視点でチーム力を吟味していくと、強いチームは余裕を持って勝ち、弱いチームは接戦をモノにしたとしても、大差で敗れるケースも多いのだ。

 そして最終的に総合力を反映した形で順位がおさまる。ちなみに今季のアメリカン・リーグの場合、中地区、西地区も得失点差がそのまま順位に反映されている。

【次ページ】 主力打者の相次ぐ離脱で、攻撃力が著しく低下。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
アレックス・ロドリゲス
イチロー
デレク・ジーター
カーティス・グランダーソン
ボストン・レッドソックス
クリス・デービス
ボルチモア・オリオールズ

ページトップ